新海誠作品はやはりココが凄かった!を紐解く。【VS"HELLO WORLD(ハロー・ワールド)”】

2016年には興行収入約250億円を記録した「君の名は。」、3年後となる今年2019年には興行収入150億円が見込まれる最新作「天気の子」とヒット作を連発する新海誠監督。一体どのような点が観客を引き込むのかを他のアニメーション作品と対比しながら考察してい…

「アラジン」「天気の子」「トイ・ストーリー」令和最初の2019年は興行収入100億円超えの映画が3作品?!年間興収トップ1位の行方は。

映画館は不安よな。配給会社 動きます。早速時事ネタぶっ込んでみましたが、今年6月に映画の鑑賞料金を引き上げたところもかなり多く観客動員の減少も懸念されていました。ところが値上げの影響を受けるどころか映画業界は現在好調とも言える。というのも今…

キュープラザ池袋へ行ってきました。私が思う「グランドシネマサンシャイン」の魅力と今後の課題。

先日、池袋に日本最新鋭とも言える設備が揃うシネマコンプレックス「グランドシネマサンシャイン(以下gdcs)」が開業した。池袋は定期券外のため私は映画のために池袋に行くことはほぼゼロと言っても過言ではないですが昨日行ってきました。 池袋駅からは徒…

新小岩らしい?今更ながらの謎のタピオカブームと駅周辺の現在。

約1年前に新小岩駅事情について書きましたが駅もその周辺もこの1年弱で大分様子が変わったよう。今回は前回書いた内容と比較して綴っていこうかと思います。 rozettax.hatenablog.com 1.昨年12月よりホームドアが稼働している。 this.kiji.is 前回書いたも…

地域によって笑いのツボが違う?「翔んで埼玉」を3館で比較鑑賞してみた!(一部ネタバレあり)

埼玉をただただディスる漫画「翔んで埼玉」の実写化映画が異例の大ヒットを飛ばしている。予告を観て化けるんじゃないかとは少々思ってもいましたが、まさか興行収入30億を余裕で越えるほどのポテンシャルがあるとは思ってもいなかったw また通常は人口に比…

この夏、池袋に日本最強シネコン爆誕!最先端の流行を発信する映画の街へ。

シネコンは日本でも全国津々浦々まだまだ開業を控えている。今回は既に出ている情報をまとめつつ導入される設備も予想しながらまとめていきたいと思います。 第1回目は「池袋」こちらも映画を語る上では今後目が離せない街となってきそうです。 グランドシネ…

映画製作の上手いテレビ局はどこ?~新たな視点から見る映画業界の分析~その2

映画製作をするテレビ局という視点から見ていく個人分析ですが、今回は前回ダラダラ書き過ぎで「テレビ朝日」「テレビ東京」まで至らなかったのでその2局を分析していこうと思います。 rozettax.hatenablog.com 4.テレビ朝日 2018年度のテレビ朝日が手掛け…

映画製作の上手いテレビ局はどこ?~新たな視点から見る映画業界の分析~

映画業界としては18年度も一通り終わり、2019年度として既に始まっている。今回はテレビ局が製作する映画という細かい視点から2018年度を振り返っていきたいと思います。 1.フジテレビ 2018年度のフジテレビが製作する映画作品 「劇場版コード・ブルー ドク…

ドルビーシネマの続報、東京都心にもできるってばよ。

2018年11月23日「ドルビーシネマ」ついに日本初上陸。 2018年11月23日にT・ジョイ博多に導入された「ドルビーシネマ」はめでたく日本初導入となりました。なんと言っても4KHDR技術を駆使した映像は今までのどのスクリーンよりも鮮明で綺麗なスクリーンと言え…

「ボヘミアン・ラプソディ」を4回鑑賞したうえで思ったこと。

私自身はハマった映画は映画館・スクリーンを変えて比較して観たくなるのがまぁ映画好きの病というか好きなんですが、今回は「ボヘミアン・ラプソディ」(以下ボヘラプ表記)を既に4回鑑賞して来たので報告だけしていきます。 これからそのスクリーンで観よう…

もはや映画ではなくライブそのもの。「ボヘミアン・ラプソディ」

「IMAX」「DOLBY-ATMOS」が導入されている全国の映画館で11月9日(金)の公開に先立って8日(木)に「ボヘミアン・ラプソディ」の前夜祭(先行上映)が実施されました。元々すぐに観る予定はなかったのですがたまたま座席が取れたんで観て来ました。 概要 世…

子供向けと思われているのはもったいない!映画「若おかみは小学生!」が地味に高評価な理由。

正直よく映画を観る私でも観るものが無いぐらい閑散としている今日この頃ですが、久々に観に行ったのがこの「若おかみは小学生!」なんですよね。 見るからに子供向けやなーって感じがするんですがところがどっこい。実際に観てみると大人にも何か刺さるよう…

今年の映画を振り返っていく~2018年1月~

昨日のオールスター感謝祭の北川景子さんは本来4人で合計4分瞬きせずにいられるかという企画をなんと1人で4分堪えて成功させてしまうという・・・。ドライアイなのでとは言ってましたが極度のドライアイの私にとってみれば絶対違うでしょと思ってしまいますよ・・…

ららぽーと立川立飛に映画館が出来るってばよ!シネマシティ新館?それとも?

特に筆者は立川にあまり縁があるわけでもありませんが「ららぽーと立川立飛」に映画館が2020年2月に新設されるようですね。 駐車場の一部の敷地を活用して映画館を核とする複合施設という形で建設するようですね。 iine-tachikawa.net とはいえこのエリアは…

渋谷の新名所「渋谷ストリーム」偵察&映画「響ーHIBIKI-」の感想。

TOHOシネマズデーということで昨日は安かったんで何か観に行こうということで「響ーHIBIKI-」にしたわけですが、TOHOシネマズ新宿での夕方時間帯の完売かつ大きいスクリーンでやっていたのではるばる渋谷までやってきました。 https://eiga.k-img.com/images/…

首都圏最強(かもしれない?)ベッドタウン、海老名へ行ってきた。

今日はとある用事もあって神奈川県は海老名に行ってきました。つい最近には相模原(というか相模湖エリア)へ行く用事もあり神奈川県へ行く用事がしばしば。 新宿駅から快速急行で約45分、典型的なベッドタウン。 海老名駅はいきものがかりの楽曲で出迎える…

「君の膵臓をたべたい」実写版・アニメ版を見比べて比較してみた。

昨年、興行収入35.2億円を記録した映画「君の膵臓をたべたい」がヒットとなりましたが、今月1日に劇場アニメ版として公開されました。 正直実写版の出来が良かったし、アニメ版は二番煎じに過ぎないでしょ・・・ と思っていましたが、まぁ結論から言うと実写・ア…

現役女子高生には90年代の流行は大きなカルチャーショック?!「SUNNY 強い気持ち・強い愛」キャストの謎と感想【一部ネタバレあり】

篠原涼子×広瀬すずで日本版としてリメイクされた作品「SUNNY 強い気持ち・強い愛」ですが見られた方もいるでしょうか。結構実際に映画館に行って観てみると作品の時代背景となる90年代を経験していない現役の女子高生もいてビックリしました。でもよく理解で…

通常料金だけどリクライニングシートに座って鑑賞できる?!【TOHOシネマズ&109シネマズ】

たまにはリクライニングシートに座って快適に映画を鑑賞したいな・・・なんて思った人もいるのではないでしょうか。実はお得にリクライニングシートに座って鑑賞できる方法もあるんです。 TOHOシネマズ「プレミアスクリーン」 プレミアスクリーンが設置されてい…

やっぱ個性の強い映画館?「新宿ピカデリー」の過去10年の動員ランキング(その1/2017年)

日本最大級の映画の街・新宿に構えるシネマコンプレックスの1つである「新宿ピカデリー」ですが、この映画館はSMT(松竹マルチプレックスシアターズ/松竹系)の劇場です。そんな新宿ピカデリーは今年で開業10周年を迎えるということで様々なキャンペーンを実…

MI6は今年イチの出来?!現在公開中の映画の感想を述べていく。

今年も映画好きにとってみれば忙しい時期がやってきました!楽しい反面金もなくなる一方なので少々複雑ではありますけどね。 それはさておき夏休み映画も既にかれこれ5作品以上観てしまいました。ということで簡単に感想を書いていきます。観る映画を選ぶ材…

フジテレビは「映画」で再起を懸ける?!テレビ朝日は秀逸なセンスを誇るテレビ放送。

テレビ事業としてはもはやテレビ東京にもシェアを取られつつあるフジテレビ。 そんなフジも最近は製作するドラマも評判は上がっており徐々に勢いは戻しつつありますが実はそんなドラマ部門より好調になりつつあるのが映画部門です。 万引き家族→コード・ブル…

映画「君の膵臓をたべたい」が地上波初放送ですと!私にとっての懐かしい思い出。

昨年夏に公開されてヒットした「君の膵臓をたべたい」(以下キミスイ表記)がテレビ朝日系で8月19日(日)21:00~地上波初放送ですと。 テレ朝も「日曜洋画劇場」なる映画枠は消えたものの、「君の名は。」「シン・ゴジラ」のようにたまにドカンと作品持って…

映画「万引き家族」は何故観客とメディアを惹きつけるのか?【鑑賞した感想】

もっとも有名な映画祭とも言われる”カンヌ国際映画祭”の最高賞・パルムドールを受賞したことも話題となり、現在35億を超える大ヒットとなっている「万引き家族(是枝裕和監督)」ですが何故ここまでの大ヒットとなったのでしょうか?個人的に論点を挙げて考察…

映画との相違点は?「恋は雨上がりのように」原作を読んでみた。その1(ネタバレ注意)

前にも触れたのですが最近は観る映画がなかったもので、最近は映画から距離を一歩置いている感じに。そんななか最近行っているのは「恋は雨上がりのように」の原作本を映画経由で読み返していております。 活字が苦手なもので滅多に読まないため映画経由で原…

パンク侍、半端ないって!もはや言葉では説明不可能な世界観へ誘う?

最近は個人的に興味のある映画が正直ないですねえ。昨年の夏は「パイレーツ・オブ・カリビアン」「忍びの国」といったような映画もあったので7月の初めからかなり盛り上がったんですけどね。 そんな私は映画をきっかけに「恋は雨上がりのように」の原作本をイ…

2018年公開の「マンガ実写化映画」を斬る(その4)

今回は「GANTZ」でも知られる奥裕哉氏による漫画の実写化作品「いぬやしき」を取り上げていきたいと思います。 個人的にも今年のGWヒット候補だと思い込んでましたが・・・ 原作:奥裕哉「いぬやしき」 監督:佐藤信介【代表作は「GANTZ」「アイアムアヒーロー…

「映画館」のポイントカードってどこが一番良いの?【その1(TOHOシネマズ/シネマイレージカード篇】

「映画はぼちぼち観るのでポイントカード作ってみようかな?でもどこのポイントカードがお得なの?」 ・・・と思う人もいるのでは?今回は何社かのポイントカードを併用して利用している私が用途に応じておすすめの使い方を何回かにわたって紹介していきたいと…

2018年公開の「マンガ実写化映画」を斬る(その3)

今回は前回順番的に忘れてしまったのですが、今回はジャズを題材としたアニメ化もされた小玉ユキ氏の人気漫画を実写化した映画「坂道のアポロン」について勝手に斬っていきたいと思います。 製作側としては全世代に幅広く受けると見込んだつもりが・・・ 原作:…

2018年もあと半分!2018年度上半期公開映画ベスト10を挙げていく。

気づけば6月が終わり2018年も折り返し地点。そこで今日は上半期に観た映画からベスト10を紹介していきます。 10位「名探偵コナン ゼロの執行人」 第10位は人気アニメの劇場版第22作目である「名探偵コナン ゼロの執行人」でした。 原作:青山剛昌「名探偵コ…