映画好きの気まぐれ日記

気分で書いてるので、連日更新もあれば全く更新しない時期がありますのでご承知おきを。

年末のIMAX・ドルビーシネマ公開予定作品が大渋滞!最悪の場合上映スルーも?

映画の特殊上映としても知られる「IMAX」「ドルビーシネマ」ですが、この年末は限りなく大渋滞しそうです。最悪の場合上映スルー、または1周で上映終了という可能性もあり得るので興味ある作品は公開日をしっかり押さえておきましょう。

 

2021年10月22日(金)時点

 

2021年10月末~年末までのIMAX・ドルビーシネマの公開予定作品

  • 10/30(土):劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア
  • 11/03(水):ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories” 
  • 11/05(金):エターナルズ
  • 11/12(金):×
  • 11/19(金):×
  • 11/26(金):ディア・エヴァン・ハンセン
  • 12/03(金):ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ
  • 12/10(金):ウエスト・サイド・ストーリー
  • 12/17(金):マトリックス レザレクションズ
  • 12/24(金):キングスマン:ファースト・エージェント

太字は公開決定済み、下線はIMAXのみ上映決定、斜線はドルビーシネマのみ、無印は上映するか未発表(ただし公開が予想される作品)

 

 

 

 

 

 

 

【1】エターナルズ(ドルビーシネマ版)の上映スルーほぼ決定?

https://eiga.k-img.com/images/movie/95096/photo/e3ed8e1d564da272.jpg?1631782610

画像引用:ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories” : 作品情報 - 映画.com (eiga.com)

 

こちらの嵐のライブ映画『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories” 』は本来は11/26(金)公開なんですがドルビーシネマ版のみ、嵐のデビュー日でもある11/3(水)先行公開という形をとっています。

※余談ではあるが11/26(金)の本公開日はリーダーの大野さんの誕生日で、こちらもメンバーにとってみれば記念日となる公開日らしいですよ。

 

そうなってくるとその2日後に公開予定のMCU作品の『エターナルズ』はどうなるのよ?って思うMCUファンもいるでしょうが、

11/5~11/11は少なくともドルビーシネマ版の上映はなし

とのようです。既に11/3以降のドルビーシネマ各館のスケジュールが公表されていますが、11/5以降も含めて11/11まで嵐のライブ映画に全振りしています。

movies.shochiku.co.jp

 

MCUファンにしてみればなんで嵐のライブ映画なんかに、と思ってしまう人もいるでしょうがハッキリ言って嵐のライブ映画上映してる方が映画館的に確実に旨味は大きいですからね(嵐のライブ映画は一般料金3,300円固定と単価が2倍近い)

また普段映画をそこまで観ない層に”ドルビーシネマ”を浸透させるプロモーション的な意味でも、このライブ映画を配給する松竹とその系列チェーンでドルビーシネマを3館展開している松竹マルチプレックスシアターズにとっても将来的に大きな意味があるでしょう。

一番肝心な理由として多分エターナルズより嵐のライブ映画の方が興行成績的にも稼ぐだろうし...

 

ただし11/12(金)以降のスケジュールについてはまだ決定していないようなので、嵐次第では1周遅れでエターナルズのドルビーシネマ版が公開される可能性も僅かにあるのかな...?とは思います。

ただし現状は「ドルビージャパン」から一切エターナルズについて言及されていないのでこのまま上映スルーの可能性が高いかと思います。

 

 

マトリックス最新作は「IMAX」「ドルビーシネマ」の上映が決定済み!そして全米より早い世界最速公開へ。

https://eiga.k-img.com/images/movie/92522/photo/e8607a744c9bf6f8.jpg?1634002342

画像引用:マトリックス レザレクションズ : 作品情報 - 映画.com (eiga.com)

 

キアヌ・リーヴス主演で知られるマトリックスシリーズの最新作ですが、全米12/22公開で、国内でも今年12月公開と当初から謳っており何処に突っ込むんだよ...と思っていましたがまさかの世界よりも1週早い12/17(金)公開で決定しました。

日本発のコンテンツを使用したハリウッド大作だと稀に日本が世界最速とかあったりするのですが、基本的には滅多にないケースなので少し意外でした。

ちなみにこちらは既にIMAX」「ドルビーシネマ」の上映は決定していると公式から発表されています。ただしいずれの特殊上映で観たい場合は早めに観に行った方が良いのは確かかと思います。

 

 

 

 

キングスマンIMAX上映スルーの可能性も?『劇場版 呪術廻戦0』のIMAX上映の可能性は...?

https://eiga.k-img.com/images/movie/94795/photo/e9bfa94a96abcb90.jpg?1623630059

画像引用:劇場版 呪術廻戦 0 : 作品情報 - 映画.com (eiga.com)

 

この冬、大本命ともいえる『劇場版 呪術廻戦0』12/24(金)公開となります。あまり詳しくは知らないですがこの公開日が呪術廻戦的には百鬼夜行という重要な日のようですね。こちらの呪術に関してはまだIMAX版の上映があるといった情報は10/22現在、正式には出ていませんが私も含めてほぼ確実にあるだろうと予想している人は多そうです。

 

鬼滅・エヴァ大ヒットの影響で国産アニメーション映画のIMAX版は敷居が下がった?

鬼滅の刃「シン・エヴァンゲリオンもいずれもIMAX版の上映があり、約400億と100億とえげつない興行成績を叩き出しました。その後も名探偵コナン 緋色の弾丸」「竜とそばかすの姫」東宝配給作品を筆頭にIMAX版の上映を行っては約75億、65億とこちらもかなり好成績を挙げています。

呪術廻戦も配給はこれらと同じく東宝なのですが、これらの作品はどちらかというと別の会社が制作をして東宝が配給や宣伝のみ(厳密には違うが)を行うという形でした。

対して呪術は制作に関しても同系列の"TOHO-animation"が主導していたりと関与度がかなり違うわけです。呪術がヒットすれば物販や円盤も東宝グループの売り上げとなる。

作画や音響効果も期待されて製作しており、東宝グループのシネコンであるTOHOシネマズはIMAXを順次続々採用中、なおかつ大ヒットが期待できる作品をIMAXでやらんはずはないだろう、というのが大体予想は出来るわけです。ましてや言い方はよくないですが前作25億でIMAX版の上映を決定している竿のようなケースもあるので、それを越えるヒットが期待される作品なのであれば可能性は限りなく大きいでしょう。

 

 

仮に呪術廻戦がIMAXを上映するとなるとヤバいのがキングスマン...

https://eiga.k-img.com/images/movie/90542/photo/3648f4df0a3f2faf.jpg?1630024713

国内では前作17億を記録したハリウッド作品のスパイ作品シリーズキングスマン』最新作12/24(金)公開予定となっています。実はこの公開日を決めた時点ではまだ呪術の公開日は決まっておりませんでした。ちょっと予想外だったかもしれませんね。

そしてこの作品、コロナ禍以降のハリウッド作品あるあるでもありますが元々昨年9月公開予定でしたが、新型コロナの影響で度々延期となっていてそこまで映画に興味ない人ならば興味あったとしてもいつ公開するのか追えないレベルになってきています。

そのような点も含めて興行的にはそこまで大きな期待は出来なさそうですし、呪術廻戦のIMAXがあるのであれば最悪の場合、IMAXは呪術に全振りでドルビーシネマのみという可能性もゼロではないかと思います。また最近のディズニーが特殊上映に消極的(今夏のフリー・ガイも一部しか特殊上映を実施しなかった)のも意外と影響はありそうです。

知れば選挙が面白い?メロリンQが言ってた真の「東京最強」の国会議員は誰?

先日、衆議院が解散となり月末に選挙がありますね。そんな衆議院選挙に関連したことで先日あるニュースが物議を醸していました。

 

news.yahoo.co.jp

 

山本太郎が東京8区から出馬するっていうことで表明はしていたのですが、その後立憲民主党から抗議を受けて結局出馬辞退しております。

 

これの何が問題かっていうと多分ですが、元々前回の選挙で良いところまで行っていた民主党の候補がいたわけで今回も出馬する予定だった矢先に、太郎が突如出馬表明するなんて言ったわけですから、ただでさえ「野党共闘」で自民党を倒せと協力してやっているのにこれじゃ共倒れになっちまうだろ!ってのが抗議された理由の大きな要因でしょう。いわゆる

内ゲバ

ってやつです。まあケチがついたところで大金星を挙げるのは中々大変そうですなあ。

 

 

ちなみにメロリンQが「東京最強」と言ってる東京8区の絶対王者は?

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/61/Isihara_Nobuteru_2012.jpg

画像引用:石原伸晃 - Wikipedia

 

この東京8区は杉並区(一部除く)有権者で、1994年の公職選挙法改正でこの選挙区が誕生してから8回選挙が行われているのですが、この8区で今まで無敗で絶対王者なのが石原伸晃氏である。

中には誰?と思う人もいるかもしれませんが、元・東京都知事石原慎太郎氏の息子、タレントやスーパーニュースの当たらない天気予報士としても有名な石原良純氏の兄と言ったら分かる人も多いでしょうか?

2009年に民主党への政権交代で大半の自民党議員が落選しているなかしっかり当選しているので、たしかに東京最強と言っても過言ではない強さではあります。

 

ただし2009年の政権交代時には苦戦もあり、なんとか当選に漕ぎつけている。

とはいえ石原氏、実は得票率は2位と接戦のことも多く常に圧勝という訳でもない。

文字数の都合上、石原氏の得票率と()は2位の得票率のみを掲載しています。

  • 第41回:32.67%(29.53%)
  • 第42回:43.66%(31.84%)
  • 第43回:54.98%(31.43%)
  • 第44回:57.26%(33.26%)
  • 第45回:49.95%(39.52%)※
  • 第46回:46.93%(25.15%)※
  • 第47回:47.56%(30.02%)※
  • 第48回:39.22%(29.96%)※

※は連立与党である公明党の推薦・支持を受けている。

 

第41回の最も接戦した際の対抗馬には元・杉並区長の山田宏氏、第45回は現・世田谷区長の保坂展人氏、そして第46回では山本太郎が対抗馬として出馬していました。そして前回の選挙で民主党の候補が得票率の差は10%以下まで追い詰めた感じです。連立与党である公明党の○○○○の票の影響は結構大きいのでもし仮になければ案外接戦になったのではないかという見方もできるかもしれません。

つまり、頑張れば話題性がそこそこある大物を倒すという大金星を挙げられそうかつリベンジマッチもあって出馬したかったのかもしれませんね。ただ民主党にしてみればプライドも何も知ったこっちゃねーよというのも事実でしょう。

 

 

新選挙区発足後、東京都内における「無敗の絶対王者」は3人のみ

そもそも8回の選挙といっても1996年~2017年と約21年間あるので、その間に世代交代や政権交代もあり8期連続で当選する議員はそうそういない。東京には選挙区が25つあるわけですが8期連続当選しているのはたったの3人しかいない。以下の通り。

 

東京11区の下村氏は?

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/1/1c/Hirofumi_Shimomura_cropped_2_Hirofumi_Shimomura_and_Ernest_Moniz_20131031.jpg/270px-Hirofumi_Shimomura_cropped_2_Hirofumi_Shimomura_and_Ernest_Moniz_20131031.jpg

画像引用:下村博文 - Wikipedia

 

  • 第41回:30.09%(26.97%)
  • 第42回:37.76%(27.17%)
  • 第43回:48.95%(37.67%)
  • 第44回:55.02%(31.89%)
  • 第45回:42.38%(41.13%)
  • 第46回:45.48%(19.26%)※
  • 第47回:56.06%(18.64%)※
  • 第48回:44.90%(25.88%)※

()は候補者数、()は2位の得票率、※は公明党の推薦・支持あり

 

過去には文部科学大臣も務めており政治に疎い私でも名前ぐらいは知っている議員ですね。ちなみに過去の同選挙区の候補者は誰も存じ上げなかったので紹介は割愛します。

第45回の政権交代時はかなりの接戦でなんとか当選したって感じですね。

 

 

東京17区の平沢氏が真の都内最強か?

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/7c/Hirasawa_katsuei_%282020%29.jpg

画像引用:平沢勝栄 - Wikipedia

 

  • 第41回:34.01%(29.40%)
  • 第42回:37.61%(29.36%)
  • 第43回:62.00%(28.32%)
  • 第44回:62.96%(26.27%)
  • 第45回:51.37%(39.64%)
  • 第46回:55.12%(18.99%)
  • 第47回:59.34%(21.85%)
  • 第48回:57.95%(22.47%)

 

平沢氏はこの3人の中では一番知名度は低いでしょうが、数年前まではよくテレビ番組にも出演しておりパチンコ議員としても名高くちょいちょい発言が物議をかもしたりとありましたが、昨年ようやく復興大臣として初の閣僚入りを果たしました。

紹介した石原氏、下村氏と比較しても選挙の強さは圧倒的といっても正直過言ではない。政権交代時も2位の民主党議員に対して比例当選は許したものの、10%以上得票差をつけて当選しています。そしてもう野党もここで金星を挙げるのをあきらめたのかろくな対抗馬を選出してないため、平沢氏の絶対的な強さが確立されています。

 

ただ第41回~42回こそ意外と接戦ではありますが、この時の対抗馬は現在の公明党代表である山口那津男である。1回目は接戦だったものの、2回目は完膚なきまでにフルボッコにしており山口氏を参議院に追いやった経緯もあります。当時のプリンスともいえる山口氏の面子を潰す平沢氏に対して公明党から結構えげつない仕打ちも受けたようで東京都内の自民党議員としては唯一、公明党の支持を一切受けていない数少ないアンチ創価の議員です。この点も他二人と比べて圧倒的な選挙の強さがあるでしょう。

 

葛飾区民は、とよく言われるけど...

先ほどもふれたとおり、東京17区の有権者の大半は葛飾区民(一部は小岩エリアの江戸川区民)である。平沢氏が問題発言やらすると圧倒的な選挙の強さを誇ることもあってか、度々有権者葛飾区民はどうなってんだよ?という話題もちらほら。でもね、強い理由も一有権者としてはよく分かるんですよ。

またちょっとやる気が出れば続きも書いてきたいかなと思います。

映画「護られなかった者たちへ」感想レビュー【ネタバレなし!】

久々に映画のレビューの書き甲斐がある作品があったので感想を徒然書いてきますね。今回は「護られなかった者たちへ」です。すべては次回に執筆予定の映画レビューのための前日譚でタイトル詐欺じゃねーか!というのはご容赦ください...。

 

どんな作品?

https://eiga.k-img.com/images/movie/92887/photo/56359b8269035021.jpg?1617774931

画像引用:護られなかった者たちへ : 作品情報 - 映画.com (eiga.com)

 

中山七里さんの同名小説を「64-ロクヨン-」などで知られる瀬々敬久監督が手掛けた作品です。主演は阿部寛さんと佐藤健のお二方(といっても実はスタッフロール上では佐藤健が主演で、阿部ちゃんが最後のトメである)

キャストだけみるとガッツリTBS映画かな?と思いましたが、そうではなく芸能事務所で知られるアミューズ出資の作品でした。佐藤健はもちろん、いわれてみるとヒロインの清原果耶もそういやアミューズでしたね。

 

舞台は東日本大震災が発生した直後である2011年の宮城。それから9年が経過した2020年に特に怨恨の疑いもない人たちが次々殺されていく連続殺人事件が発生。阿部ちゃん演じる宮城県警の刑事が、その事件の容疑者として浮上した佐藤健演じる利根を追い、事件の真相に迫っていくというミステリー小説。

 

 

 

 

 

...ではなかった!

正確にはミステリー的な一面もあるとは思うんですが、個人的にはサスペンス作品だと思ってたので実際に鑑賞してみるとあれっ?思ってたのと違う、と思ったのもまた事実です。

 

 

個人的な感想を。

まああくまで私個人的な評価ですが、100点中60という可もなく不可もなくという感じの作品でしょうか。中盤まではあぁ...これが動機か、と思って共感できるところもあって結構良かったんですけどねえ。肝心のオチが少し残念だなと思ってしまいました。

 

ネタバレは避けたいのでどこまで突っ込んでいいのか微妙なところですが、簡単にいうと東日本大震災以降は被災した人も多かったため生活が大変だった人が多かったということです。この作品はどちらかというとミステリーというよりは、そんな震災直後の被災者のドキュメンタリーに近いのではないかなと私は思いました。

作品の評価としてあまり気にするところではないですが東日本大震災という未曽有の災害を取り扱っているため少々重い雰囲気になるんですよね。無理して震災をピックアップしなくても良かったような...とは思ったりもしますが、犯人の動機に間接的に繋がる部分ではあるので全く必要性がないという訳でもないですかね。

ただ同じく震災を題材として扱った作品で「浅田家!」という作品はありましたが、あちらは比較的暗い雰囲気にならず終始明るい作品のまま終わったので凄いなとは思いました。

 

しかし中盤になって犯人の動機がようやく繋がってきた~と思ってきたところに、実はちょっと事情が違ってきたということが判明。中盤までは被害者にも非はあるし殺されても仕方ないなと同情できたけど、そうなってくると被害者割と殺され損じゃん...という感じに思えてしまった。

恐らくこの作品が最も伝えたかった「護られなかった者たちへ」という表題にも通ずる犯人が残したメッセージ性のあるシーンが最後にあるわけで言っていることも一理あるのですが、そんな身勝手に近い殺し方をしてしまった犯人の主張が頭に入ってこなくてモヤモヤしてしまいました。

ただしキーマンとなる倍賞美津子さんはじめキャスト全体的な演技主題歌の桑田さん宮城の綺麗な風景は見ごたえもあるので興味があるなら観てみるのも良いかもしれません。

 

総評

ということで私個人的な「護られなかった者たちへ」の総評...

 

「新参者」シリーズが観たくなった!

 

やっぱ同じ阿部ちゃんで刑事モノなら”新参者”シリーズですよ。この作品も悪くはないのですがちょっと物足りなさがあったのと、やっぱり加賀さんには到底敵いませんよ。

ってなわけで本当にそのあと新参者シリーズの映画祈りの幕が下りる時を久々に見たのでその映画レビューを次回徒然書いてきます。先に言っとくとやっぱ祈りの幕...は近年では屈指の傑作ですよ。

ということで今回のレビューは次回への前日譚というか咬ませ犬のようになってしまいました。この作品が好きだった方には本当に申し訳ありません...。

TOHOシネマズで絶滅寸前のプレミアスクリーンをまさかのイオンシネマが継承?!『グランシアター』

ずいぶん前にTOHOシネマズ『プレミアスクリーン』というものを紹介しました。簡単に言えばワケあって通常料金にもかかわらずリクライニングシートが完備しており、お得に映画を見られるスクリーンとして紹介させていただきました。

しかしながらそんな美味い話も長々と続くこともなく座席の更新に合わせて通常スクリーンへと改装されてプレミアスクリーンも徐々に淘汰されつつあります。

※以下リンクのプレミアスクリーン導入劇場も最新のものに更新させていただきました。

 

rozettax.hatenablog.com

 

しかしTOHOシネマズで淘汰されつつある『プレミアスクリーン』の意向を取り入れて順次採用しているライバルチェーンがあります。それがイオンシネマグランシアター』です。

 

 

グランシアター』は絶滅どころか全国に続々展開中!

グランシアターはイオンシネマ新規オープン館を中心にほぼ確実に採用されています。正直言ってしまえばイオンシネマ都心部というよりは地方・大都市郊外の出店が中心なのでこの「グランシアター」のようなサービスが続々展開されるとはかなり意外でした。

 

そもそもTOHOシネマズで「プレミアスクリーン」が淘汰されているワケは?

https://www.tohotheater.jp/theater/076/images/insitution_img08.jpg

画像引用:TOHOシネマズ 新宿:施設紹介 || TOHOシネマズ (tohotheater.jp)

 

TOHOシネマズの「プレミアスクリーン」は前述のとおり年々減少しており、数年後にはおそらく全滅していることでしょう。絶滅しつつある理由は割と簡単でスクリーン全体を追加料金を要する座席にするのではなく、スクリーンの一部を追加料金を要するプレミアシートにするという方針に移行しているからです。実際の例として「プレミアラグジュアリーシート(+3,000円)」「プレミアボックスシート(+1,000円)」などが挙げられます。

従来のプレミアスクリーンでの上映だと鑑賞料金が高いからということで鑑賞を躊躇ってしまう人もいたでしょうから機会損失が多くなってしまうのに対して、スクリーンの一部にプレミアシートにしたのであれば満席になってしまうなどでなければ通常の座席を選ぶという方法もありますから機会損失は減るといえるでしょう。

 

 

イオンシネマグランシアター』は21年9月現在、6館に採用。

グランシアター」は2014年にオープンしたイオンシネマ岡山を皮切りにサービスが開始しました。この映画館の場合は岡山といっても岡山駅前一等地という好立地なこともあって需要があると見越して導入されたのもあるでしょう。

その後、シアタス調布(東京)新利府(宮城)シアタス心斎橋(大阪)川口(埼玉)白山(石川)と都市部もあれば郊外にも導入しており、特に郊外の場合はファミリー層が中心となってきますので大分強気だなと思います。

 

岡山の「グランシアター」

 

  • 鑑賞料金:2500円(ワンドリンクサービス付き)
  • 全席リクライニングシート完備
  • 専用ラウンジあり

岡山グランシアター|イオンシネマ (aeoncinema.com)

 

シアタス調布の「グランシアター」

 

  • 鑑賞料金:3000円(ワンドリンクサービス付き)
  • 全席リクライニングシート完備

調布には岡山のような専用ラウンジはないようですね。また郊外とはいえ東京なので若干料金も高め。

ただTOHOシネマズの「プレミアラグジュアリーシート(+3000円)」と違ってワンドリンクサービスあるので多少は良心的?(あっちは更に都心一等地なので場所代もあるでしょうが)

調布グランシアター|イオンシネマ (aeoncinema.com)

 

新利府の「グランシアター」

  • 鑑賞料金:2500円(ワンドリンクサービス付き)
  • 電動リクライニングシート完備
  • スピーカーシステムにJBL社「スカルプテッドサラウンド」を採用
  • 「パーテーション」「抗菌加工」など感染対策を徹底

新利府はコロナ禍以降にオープンした映画館ということで防疫対策が至るところに施されています。

新利府グランシアター|イオンシネマ (aeoncinema.com)

 

シアタス心斎橋の「グランシアター」

 

  • 鑑賞料金:4000円(ウェルカムドリンク・スイーツ・ブランケット付き)
  • 全席リクライニングシート完備
  • 立体音響システム「Dolby-Atmos(ドルビーアトモス)」【対応作品のみ】

元々の平均キャパが少ないかつイオンシネマとしては希少な都心一等地に出店した映画館ということもあってグランシアターも9席しかないかなりプレミア感が凄い仕様です。

心斎橋グランシアター|イオンシネマ (aeoncinema.com)

 

 

川口の「グランシアター」

 

  • 鑑賞料金:2500円(ワンドリンクサービス付き)
  • 電動リクライニングシート完備
  • 「パーテーション」「抗菌加工」など感染対策を徹底

川口グランシアター|イオンシネマ (aeoncinema.com)

 

白山の「グランシアター」

 

  • 鑑賞料金:2500円(ワンドリンクサービス付き)
  • 電動リクライニングシート完備
  • 「パーテーション」「抗菌加工」など感染対策を徹底

白山グランシアター|イオンシネマ (aeoncinema.com)

 

 

一概にグランシアターといっても個性がそれぞれある感じですが、専用ラウンジ付きで鑑賞料金も他と比べてお安めな「岡山」がダントツのコスパという意味では光ってますね。

でも定価(1900円)+ドリンク付けると通常の座席でもこれぐらい行くので案外ものすごい高いという訳でもないような気はしますね。

 

さいごに

これだけ紹介してきた私、実はイオンシネマが近所に全くないのでグランシアターも当然利用したことないのですが、近所にできてグランシアターが出来た暁にはぜひ利用してみたいですね。

TOHOシネマズとはあえて真逆の方針を打ち出してきたイオンシネマの「グランシアター」の今後の展開にも注目していきたいところです。

大手シネコン各社が手掛ける「独自規格スクリーン」がアツい!【第二弾:TOHOシネマズ(TCX)】

先日、大手シネコンが「独自規格スクリーン」を続々展開しているということでイオンシネマ『ULTIRA(ウルティラ』についてまとめました。

今回はそんな第二弾、TOHOシネマズの「TCX」についてまとめていきます。

 

 

1)TCXとは?

https://www.tohotheater.jp/service/tcx_dolbyatmos/images/tcx_main04.jpg

画像引用:デジタルTCX_DOLBYATMOS上映について || TOHOシネマズ (tohotheater.jp)

 

TOHOシネマズが徐々に展開している『TCX(TOHO CINEMAS EXTRA LARGE SCREEN)』は独自規格ラージスクリーンです。イオンシネマの『ULTIRA』と異なる点として音響面での定義は特にないというところですね。

その代わりに音響面ではDolby-Atmos(ドルビーアトモス)」などといった立体音響システムをTCXとセットで導入するのが初期のお約束でした。ドルビーアトモスの導入例は今でもTOHOシネマズが13館と国内トップシェアを誇ります。ドルビーシネマも導入してくれると良いんだけどなあ~。

 

 

2)TCXの定義は?

前述のとおり『TCX』は一言で言えば”スクリーン”のみに適応される独自フォーマットです。

  • 同規模スクリーンと比較して画面サイズが120%UP
  • Wall-to-Wall(壁から壁一面)の大型スクリーン
  • 壁や床、座席をダークカラーに統一することでスクリーン以外の光反射を軽減

www.tohotheater.jp

 

 

3)TCX採用劇場の各特徴

イオンシネマの『ULTIRA』と比較するとそこまで複雑でもありませんが、こちらもTCXといっても一概に同じスペックとは言えないので各特徴を見ていきましょう。

今回は謎展開ですが各劇場オープン時のチラシを掲載していきますw

 

(1)仙台【SC9】

https://i0.wp.com/free-work.me/wp/wp-content/uploads/2016/05/c978277a9f5569bd87dcabfc98705534.jpg?resize=1000%2C1409

画像引用:【終了】TOHOシネマズ仙台オープン記念 映画鑑賞券ペアチケット 10組20名様 | 仙台女性情報サイト|Me(ミー) 宮城県仙台市の総合情報サイト (free-work.me)

  • スクリーンサイズ:6.3m×15.0m
  • Dolby-Atmos」採用
  • 「クリスティ ヴィヴ・オーディオ」IMAXを除く全てのスクリーンに採用
  • 「プレミアボックスシート完備

 

(2)日比谷【SC1】【SC5】

  • スクリーンサイズ:8.3×19.8m【スクリーン1】
  • スクリーンサイズ:6.9×16.5m【スクリーン5】
  • 「カスタムオーダーメイドスピーカー」採用【スクリーン1】
  • Dolby-Atmos」採用【スクリーン5】
  • 「クリスティ ヴィヴ・オーディオ」採用【スクリーン5/7/8/12】
  • 「プレミアラグジュアリーシート」完備【スクリーン1のみ】
  • 「プレミアボックスシート完備【スクリーン1/5/9】

日比谷はなぜかイメージキャラクターが三代目だったんですよね。ダメじゃないんですけど長澤まさみじゃないんかい!(詳細は後述)って思ってしまった印象がね...。

 

(3)新宿【SC9】

https://www.fashion-press.net/img/news/14435/tohocinemas_sinjuku_01.jpg

https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/023/698/00/N000/000/031/142927788728156337178.jpg

画像引用:都内最大級のシネコン「TOHOシネマズ 新宿」歌舞伎町・旧コマ劇場跡にオープン - ファッションプレス (fashion-press.net)

番外編:TOHOシネマズ新宿オープン: 映画のチラシ (webry.info)

  • スクリーンサイズ:8.0×19.2m
  • Dolby-Atmos」採用
  • 「クリスティ ヴィヴ・オーディオ」IMAX除く全スクリーンに採用
  • 「プレミアラグジュアリーシート」完備
  • 「プレミアボックスシート完備
  • 「フロントリクライニングシート」完備

ゴジラヘッドでおなじみのTOHOシネマズ新宿だけあってチラシもゴジラを意識したものとなっていました。

そしてやっぱり安定の長澤まさみさん。

 

(4)池袋【SC6】【SC10】

https://www.cinemacafe.net/imgs/p/FHVB2qV5ZZzNwK7ACSeDrgIDtA6LaAwLCgkI/478931.jpg

画像引用:TOHOシネマズ池袋が7月3日開業、『シン・エヴァ』コラボポスターも | cinemacafe.net

  • スクリーンサイズ:6.0×14.4m【スクリーン6&10ともに同サイズ】
  • 「カスタムオーダーメイドスピーカー」採用【スクリーン6】
  • Dolby-Atmos」をカスタムスピーカーで採用【スクリーン10】
  • 「プレミアボックスシート完備

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の当初の公開日に合わせて開業する予定だった池袋がコラボしたチラシだったのですが、結局シンエヴァは2021年3月に延期されたので池袋で実際に公開したのは池袋がオープンして大分経過したころでした。

 

(5)六本木ヒルズ【SC7】

https://eiga.k-img.com/images/buzz/49436/tohocinemas_nagasawa2_frontreclining_large.jpg?1425884697

画像引用:長澤まさみ、ラグジュアリーな気分で映画鑑賞 TOHOシネマズの新シート導入広告に : 映画ニュース - 映画.com (eiga.com)

  • スクリーンサイズ:8.4×20.2m
  • Dolby-Atmos」採用
  • 「クリスティ ヴィヴ・オーディオ」採用【スクリーン7のみ?】
  • 「プレミアラグジュアリーシート」完備
  • 「プレミアボックスシート完備
  • 「フロントリクライニングシート」完備

六本木ヒルズ自体は旧・ヴァージンシネマズ時代(2003年)からある映画館なので、2015年の大規模リニューアルを行った際に採用されました。

 

(6)日本橋【SC7】【SC8】

https://www.crank-in.net/img/db/1072195_1200.jpg

画像引用:長澤まさみ、美脚封印!着物姿を披露した「TOHOシネマズ日本橋」ポスター画像公開 /2014年2月18日 1ページ目 - 映画 - ニュース - クランクイン! (crank-in.net)

  • スクリーンサイズ:7.9×18.7m【スクリーン7】
  • スクリーンサイズ:6.7×16.0m【スクリーン8】
  • Dolby-Atmos」採用【スクリーン8のみ】
  • 「プレミアボックスシート」導入シートあり

東京都内初の「ドルビーアトモス採用劇場です。またハイグレード座席として「プレミアボックスシート」もこの日本橋を皮切りに順次導入されました。

しかしこうやってみるとTOHOシネマズだけあってイメージキャラクターに長澤まさみが結構採用されていたものですね。

 

(7)立川立飛【SC7】

https://d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net/f/16782943/rc/2020/08/17/a76c6ade8b816d21dab3217950dc6cfeb2c155a2_xlarge.jpg

画像引用:「TOHOシネマズ 立川立飛」2020年9月10日(木)オープン! - SCREEN ONLINE(スクリーンオンライン)

  • スクリーンサイズ:7.2×17.1m
  • 「カスタムオーダーメイドスピーカー」採用
  • 「プレミアボックスシート完備

 

 

(8)ららぽーと富士見【SC1】

https://lh3.googleusercontent.com/proxy/7yfuGKaEvRLpW_VMFnk8A4ZKtwuffS_Qxv4CKnGmXcpLc0gAmolzlJf9YPMiDDzMMMCVqbIm6H8ZkRFX28cEcS_YQ_6J82QCB0Wi-FDCYSKgspplBPnZXi_PZJM

画像引用:【パンフ】TOHOシネマズららぽーと富士見 | 彩みる(さいみる) (saimiru.com)

  • スクリーンサイズ:7.8×18.7m
  • Dolby-Atmos」採用
  • 「クリスティ ヴィヴ・オーディオ」全スクリーンに採用

余談ではありますが「MX4D」の日本初上陸となった映画館でもあります。

 

(9)ららぽーと船橋【SC4】

https://mitsui-shopping-park.com/lalaport/tokyo-bay/shopguide/__icsFiles/afieldfile/2016/07/05/TCX_20160705092126000187.jpg

画像引用:TOHOシネマズ | ららぽーとTOKYO-BAY(船橋) (mitsui-shopping-park.com)

 

  • スクリーンサイズ:10.1×18.8m
  • Dolby-Atmos」採用

公式HPでも紹介されていますがドルビーアトモス」が国内初導入された映画館でもあります。そしてTOHOシネマズとしては珍しいビスタサイズよりのスクリーンとなっています。

 

(10)柏【SC6】

  • スクリーンサイズ:7.0×16.1m
  • Dolby-Atmos」採用
  • 「クリスティ ヴィヴ・オーディオ」全てのスクリーンに採用

 

(11)市原【SC9】

  • スクリーンサイズ:8.35×18.5m

市原はかなりレアケースで『Dolby-Atmos」への対応は見送られ、単純にスクリーンだけ独自規格の『TCX』のみが採用されました。

 

(12)赤池【SC5】

https://stat.ameba.jp/user_images/20171025/22/mottomovie/99/ab/j/o1410093414056294111.jpg?caw=800

画像引用元:TOHOシネマズ赤池が2017年11月24日(金)グランドオープン! | C2[シーツー]BLOG (ameblo.jp)

 

  • スクリーンサイズ:7.2×16.9m
  • Dolby-Atmos」採用
  • 「クリスティ ヴィヴ・オーディオ」全スクリーンに採用
  • 「プレミアボックスシート完備

実は「TCX/Dolby-Atmos」のSC5よりもお隣のSC6・非TCXの方がスクリーンは若干大きい。(7.7×17.5m)

 

 

(13)梅田【SC1】

上位互換の『ドルビーシネマ』が梅田ブルク7にオープンしたため、「ドルビーアトモス」上映としては以前ほど使用頻度が高くなさそうですね。

 

(14)くずはモール【SC1】

  • スクリーンサイズ:8.4×20.0m
  • Dolby-Atmos」採用

 

 

(15)セブンパーク天美 ※2021年11月オープン予定

https://www.tohotheater.jp/news/content/kaisen.jpg

画像引用:2021年11月オープンの 「TOHOシネマズ セブンパーク天美」に 2つの関西初サウンドシアターが誕生します。“プレミアムシアター”&“轟音シアター” 導入決定 || TOHOシネマズ (tohotheater.jp)

  • スクリーンサイズ:現段階は非公表
  • 「カスタムオーダーメイドスピーカー」採用
  • 「プレミアシート」完備

2021年11月オープン予定のシネコンにも導入されます。ただしスクリーンサイズなど詳しいスペックはまだ明かされていませんので劇場HPが開設されるのを待ちましょう。

※プレスリリースは画像引用リンクを参照。

 

(16)アミュプラザおおいた

https://www.staff.co.jp/images/sub/2main/90_toho_movie.jpg

画像引用:TOHOシネマズ大分 オープンポスター | 株式会社スタッフコミュニケイション (staff.co.jp)

  • スクリーンサイズ:6.2×15.0m
  • Dolby-Atmos」採用
  • 「クリスティ ヴィヴ・オーディオ」全スクリーンに採用
  • 「プレミアボックスシート完備

 

(17)熊本サクラマチ

  • スクリーンサイズ:7.5×18.0m
  • 「dts-X」採用
  • レーザープロジェクター(2D?)採用
  • 「プレミアボックスシート完備

熊本サクラマチは日比谷などと同様の「プレミアムシアター」を謳っているスクリーンですが仕様が異なっていたり、ドルビーアトモスではなく「dts-X」の採用、系列初の「ScreenX」が採用されていたりとハイスペックながら試験的な面もある異彩を放つTOHOのシネコンって感じはします。

TOHOシネマズ 熊本サクラマチ 2019年9月14日(土) OPEN熊本県初、3面マルチシアター“ScreenX”導入 || TOHOシネマズ (tohotheater.jp)

 

 

スペック別の設備まとめ

立体音響システムDolby-Atmos(ドルビーアトモス)」採用劇場

 

立体音響システム「dts-X」採用劇場

  • 熊本サクラマチ

DTS:X は、スピーカーの配置やチャンネル数にとらわれない立体音響システム。劇場内で自由に移動する音(オブジェクト)を体感できます。

引用元:TOHOシネマズ 熊本サクラマチ:施設紹介 || TOHOシネマズ (tohotheater.jp)

 

「カスタムオーダーメイドスピーカー」採用劇場

  • 日比谷
  • 池袋
  • 立川立飛
  • セブンパーク天美(※21年11月オープン予定)
TOHO CINEMAS PREMIUM THEATER「カスタムオーダーメイドスピーカーシステム」

コンサートホールのようなプレミアム サウンドを商業映画館では日本初となるシアターの形状に最適化した形で導入。国内有数のホールにカスタムスピーカーの納入実績を持つ(株)イースタンサウンドファクトリーと(株)ジーベックスのコラボレーションにより、劇場に最適な形で設計されたスピーカーは、これまでにない良質な音響空間を造りだします。
▶ ライブや演劇に対応できるハイパワーユニットを使用したステージスピーカー
▶ ステージスピーカーのように構成されたサラウンドスピーカーにより、一体感のある迫力のサウンドを実現

引用元:TOHOシネマズ 日比谷:施設紹介 || TOHOシネマズ (tohotheater.jp)

 

また日比谷、池袋、立川立飛の3館は「LOVE PSYCHEDELICO」として知られるNAOKI氏が音響監修をしています。セブンパーク天美も追随するかは不明です。

ただNAOKIさんがそれっぽい関連ツイートはしている模様...?

www.tohotheater.jp

 

「クリスティ ヴィヴ・オーディオ」採用劇場

https://www.tohotheater.jp/theater/081/images/insitution_img07.jpg

従来より、その繊細な高音域の再現性でプロフェッショナルに圧倒的な支持を得てきたリボンドライバー方式をシネマ用スピーカーに採用。 また複数のスピーカーを直線状に並べたラインアレイ方式により、音の指向性が高まり、音が上下に拡散しないため、客席の前方から後方まで均一に音を届けることを可能にし、劇場内の「音のスイートスポット」を拡大します。

引用(写真含む):TOHOシネマズ 日比谷:施設紹介 || TOHOシネマズ (tohotheater.jp

 

最上級グレード座席「プレミアラグジュアリーシート」採用劇場

https://eiga.k-img.com/images/buzz/49436/tohocinemas_nagasawa1_premiere_large.jpg?1425884696

画像引用:長澤まさみ、ラグジュアリーな気分で映画鑑賞 TOHOシネマズの新シート導入広告に : 映画ニュース - 映画.com (eiga.com)

革製のリクライニングシートで、よりラグジュアリーに、ゆったりとした空間で映画をご鑑賞いただけます。

引用元:TOHOシネマズ 日比谷:施設紹介 || TOHOシネマズ (tohotheater.jp)

 

ハイグレード座席「プレミアボックスシート」採用劇場

https://www.tohotheater.jp/theater/073/images/institution_img01.jpg

プレミア ボックス シートは、海外のエアラインでも採用されているレザーシートがお客様をやさしく包み込み、長時間の鑑賞による疲れやストレスを感じさせません。従来のシートに比べ、1.5倍という圧倒的な広さを誇ります。左側は荷物などを置けるスペース、右側はドリンクホルダーの付いた肘掛が重厚な木目調で取り付けられたセミプライベート空間。まるで自宅にいるようなリラックスした状態で、最高最新の設備で映画を観賞できる。それを実現するのが当劇場のプレミア ボックス シートです。

引用(写真含む):TOHOシネマズ 日本橋:施設紹介 || TOHOシネマズ (tohotheater.jp)

 

 

「フロントリクライニングシート」採用劇場

https://www.tohotheater.jp/theater/076/images/insitution_img09.jpg

大画面の迫力を体感できる 「フロント リクライニング シート」

座席の最前列に配置された本シートならではの大迫力を体感できます。リクライニングしていただくことで、リラックスしながら映画の世界に没入することができます。

引用(写真含む):TOHOシネマズ 新宿:施設紹介 || TOHOシネマズ (tohotheater.jp)

 

 

 

 

嵐のライブフィルムで話題!『ドルビーシネマ』とはなんぞや?

嵐のライブフィルム「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」11月26日(金)公開ということが発表されました。そして

『ドルビーシネマ』のみ11月3日(水)先行公開

ということも明かされています。

 

はて、先行上映は良いけど「ドルビーシネマ」とはなんや?と思ったアラシックの方々も多いはず。

親が嵐ファンなだけの筆者ですが、今回は出来るだけ簡単にドルビーシネマについて紹介していきます。

 

https://eiga.k-img.com/images/buzz/92147/f8b0ab45ceb0e6a4/640.jpg?1631684561

画像引用:「嵐」ライブフィルム、櫻井翔「5人でこだわってきた」デビュー記念日に先行公開 : 映画ニュース - 映画.com (eiga.com)

 

 

 

 

1)ドルビーシネマとは?

https://d1nzh4uot4722i.cloudfront.net/files/user/201910021625_2.jpg?v=1570001135

画像引用:ドルビーシネマが都内初上陸! 究極の映画体験は何がすごい? - BCN+R (bcnretail.com)

 

簡単に言えばIMAXのようなもの。

といってIMAXが分からない人もいるでしょうから、一言で言えば

通常よりも優れた規格に合格しているクオリティの高いスクリーン

といってもいいでしょう。モンドセレクションみたいなもん?(ちょっと違うか)

ここからは少し細かい話となってきます。

 

ドルビーアトモスなどでもお馴染み...『ドルビーラボラトリーズ社』が提唱するプレミアムフォーマット

IMAXはその名の通りカナダにあるIMAX社』というところが手掛ける、映像や音響などを独自技術を用いて向上させた特殊上映システムです。そのIMAXを上映できる環境である「IMAXデジタルシアター」もIMAX社が規定したスクリーンや厳しい規格に合格したところでないと上映することは出来ません。

一方のドルビーシネマもやってることはほぼ一緒で、アメリカのドルビーラボラトリーズ社』というところが手掛ける、映像や音響などを独自技術を用いて向上させた特殊上映システムです。こちらもIMAX同様に「映像(ドルビービジョン)」「音響(ドルビーアトモス)」に適応しているかつスクリーン内のデザインもドルビー社が規定するエクステリアに統一しないといけないという更に厳しい規格に合格したスクリーンでないと上映することができません。

すなわち両者を簡単に一言で言えば、優良なスクリーンにするためにこれだけ厳しい規格に通過しているスクリーンで観るかつ映像や音響を向上させているので当然良い環境で観られるよね!ってことです。

 

『ドルビーシネマ』と「ドルビーアトモス」は違うの?

https://www.tohotheater.jp/service/tcx_dolbyatmos/images/dolbyatmos_main01.jpg

画像引用:デジタルTCX_DOLBYATMOS上映について || TOHOシネマズ (tohotheater.jp)

 

最近はiPhoneなど最新スマートフォンにも搭載されているので、もしかしたら人によってはドルビーアトモスは聞いたことあるよ!って人もいるかもしれません。

ドルビーアトモス」を簡単に言うと冗談抜きに「音が動いて聞こえる」という立体音響をウリにしたものです。

でもドルビーシネマとどう違うの?って思った人もいるかもしれません。簡単にこの2つの関係を表すと下のようになります。

 

ドルビーアトモス+「ドルビービジョン」=『ドルビーシネマ』

 

要するにドルビーアトモスはドルビーシネマを構成する要素の1つってことですね。実際、ドルビーアトモス単体のみ対応しているスクリーンは日本全国見渡してみるとTOHOシネマズやイオンシネマが積極的に採用しているので多かったりします。

ただドルビーシネマの場合は、アトモスよりももう一方の「ドルビービジョン」がより重要になってくるともいえるかもしれません。

 

「ドルビービジョン」とは?

https://image.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1401/14/ts_dolbyvision01.jpg

画像引用:規格を超える4K画質へ、新生「ドルビービジョン」とは?:2014 International CES - ITmedia NEWS

※ちなみに写真はドルビービジョン対応が左側です。明るさの違いが判るでしょうか?

 

最近では液晶テレビも人気ですが、有機ELテレビというのも結構人気ですね。ドルビービジョンは感覚的には後者に近いです。

HDR(ハイダイナミックレンジ)ともいいますが、通常スクリーンよりも「ドルビービジョン」は輝度(明るさ)の範囲が広いため深い漆黒【本物の黒】からとても明るい色まで表現できるようになりました。このドルビー社によって開発された優れたHDR映像規格を「ドルビービジョン」と定義しています。

超簡単に言えば『ドルビービジョン』は映像が尋常じゃないぐらい綺麗でヤバいぞ!って感じです。ライバルのIMAXも4Kレーザー(IMAXレーザー)を採用していますが映像面では正直ドルビービジョンには敵わないと個人的には感じます(まぁIMAXは別の良さがあるんですけどね)

 

 

2)肝心のドルビーシネマに対応した映画館ってどこにある?

  • 丸の内ピカデリー【東京】
  • MOVIXさいたま【埼玉】
  • T・ジョイ横浜【神奈川】
  • ミッドランドスクエアシネマ【愛知】
  • MOVIX京都【京都】
  • 梅田ブルク7【大阪】
  • T・ジョイ博多【福岡】

残念ながら2021年9月現在、ドルビーシネマは全国7館しかない。さらにいえばそのうち3館は首都圏、2館は近畿圏にあるので実質全国4エリアにしかないことになります。なかなか観に行くハードルは高いでしょう。

その要因としてこの「ドルビーシネマ」の導入コストが恐らく高い?ことと、ライバルのIMAX社が既に日本国内でも結構シェアを取っているので「ドルビーシネマ」導入に名乗りを上げているチェーンが現状少ないというのも挙げられるでしょう。実際ドルビーシネマ導入している大手チェーンは松竹マルチプレックスシアターズ(SMT)』ティ・ジョイと松竹系と東映系の2社のみです。

 

なぜ全国的にも普及しつつあるIMAXではないのか?と思った人もいるかもしれませんが、配給を見ていただければわかります通り今回のライブフィルムは松竹配給である。松竹系の「SMT」はIMAXスクリーンは残念ながら保有していない一方でドルビーシネマを積極的に採用しているチェーンでもあります。...つまりそういうことです。

とはいえIMAXでやらないならもうちょっとドルビーシネマに対応している劇場増やせよ~!って感じはありますけどね。地元のMOVIX亀有とかに出来たら通い詰めるんですけどねえ。

何せ都内初導入した丸の内ピカデリー作品ラインナップが”大人の事情”で悪すぎるのもドルビーシネマが都内でも中々普及しない要因の1つだとは思いますけどね。丸ピカのテコ入れとはいえこれに関しては完全にSMTの悪手だったと思います。

(簡単にいうと丸の内ピカデリーシネコン以前の映画館のため、上映作品が大手配給だと松竹&ワーナー映画配給のものしか基本的に上映できないディズニーや東宝東映といった配給作品が原則上映できない

 

3)ドルビーシネマを実際に体験したことがある筆者の感想

https://eiga.k-img.com/images/movie/88655/photo/2add4c08bf71d99a.jpg?1568859022

https://eiga.k-img.com/images/movie/94337/photo/10c881eb6134ff57.jpg?1626670871

 

ドルビーシネマは基本的に私の場合だと都民ではありますが「MOVIXさいたま」「T・ジョイ横浜」まで遠征する形になるので結構面倒ということもあって、今まででも指で数えるほどしか出向いてませんが正直IMAXより結構好きです。都内に作品ラインナップがどうしようもない丸の内ピカデリーしかないのが本当に致命的に痛い。私が今までにドルビーシネマで観たのはこんな感じですが。

中にはアトモス非対応、ドルビービジョンのみ対応という作品もあります。ただそれでもドルビービジョンがかなり仕事しているので見ごたえある価値ある映画鑑賞としてくれるでしょう。

アナ雪2を鑑賞した時の4KHDR処理を施した息を呑むといっても過言ではない映像美は感動は衝撃的でしたね。IMAX(レーザー)でも観たのですがこの時からアニメーション作品はドルビーシネマに限るな!と思うようになってきました。

 

きっと嵐のライブフィルムも「ドルビーアトモス」によるライブ感、「ドルビービジョン」によるきめ細やかな映像で楽しめるのではないでしょうか?

全国7館しかなく中々大変だとは思いますが、興味がある方は是非「ドルビーシネマ」で鑑賞してみるのもいかが?

 

関連リンク(ドルビーシネマ特設HP&予告&ドルビーシネマデモ映像)

www.smt-cinema.com

tjoy.jp

midland-sq-cinema-dolby.jp

 

 

www.youtube.com

www.youtube.com

大手シネコン各社が手掛ける「独自規格スクリーン」がアツい!【第一弾:イオンシネマ(ULTIRA)】

映画館において独自規格のスクリーンとして「IMAX」「ドルビーシネマ」「4DX/MX4D」「ScreenX」などといった所謂特殊上映システムが挙げられます。

その一方で大手シネコン各社が手掛ける「独自規格スクリーン」というのも続々登場しています。IMAXのようにライセンス料等々を払ったりするわけでなく独自で設けている規格なのでブランドさえ定着すれば十分集客につなげられるということもあってか各社新規オープン館を中心に採用しています。

今回はそんなシネコンチェーンによる独自規格のパイオニアともいえるイオンシネマ「ULTIRA(ウルティラ)」についてまとめました。

 

 

1)ULTIRAとは?

https://www.aeoncinema.com/ultira/pc/images/ultira_flash_main_mql.jpg

画像引用:ULTIRA(ウルティラ)|イオンシネマ (aeoncinema.com)

 

イオンシネマ(以下、AC)が手掛ける独自規格スクリーン「ULTIRA(ウルティラ)」は割と一番有名な規格ではないでしょうか。ULTIRA第一号は大高(愛知)に採用されたのですがそんな大高には現存せず、現在はAC唯一のIMAXデジタルシアターとして改修されて営業中です。

とはいえイオンシネマIMAXはというとそんなULTIRA第一号の大高を改装してそれっきりで、他社の独自規格を採用するより自社で設けた独自規格スクリーン「ULTIRA」を全面的に押し出していきたいという狙いはあるのでしょう。

 

 

2)ULTIRAの定義は?

  • 上下左右いっぱいに広がる巨大スクリーン
  • 驚くほど明るく美しく鮮明な映像
  • 包み込むクリアサウンド

特設HPを参照する限りこんな感じでしょう。一般の人にとって重要になってくるのはやはり巨大スクリーンという点ではないでしょうか。

といってもイオンシネマは大概の劇場でスクリーンサイズを公表してないのが勿体ない。ULTIRAぐらい出してもいいのに...。

www.aeoncinema.com

 

 

3)ULTIRA採用劇場の各特徴

ULTIRAは3つの柱を基準とした「独自規格スクリーン」とはいえ一概に同じスペックとは言えない。各劇場で個性があるので簡単にまとめていきましょう。

 

(1)新利府

  • スクリーンサイズは非公表
  • Dolby-Atmos」採用
  • 4Kレーザープロジェクター採用
  • メインスピーカーにJBLカスタムスピーカー」を採用
  • 東北初の「スカルプテッドサラウンド」を導入(ULTIRA含む全スクリーン)

スカルプテッドサラウンド(JBL社によるプレミアムフォーマット)

サラウンドスピーカーを前⽅に向けて⾓度をつけた配置が特徴で、
これによりサラウンド音圧を均一化し、お客さまへより臨場感あふれる音場を提供します。

引用元:「イオンシネマ新利府」グランドオープン (aeoncinema.com)

 

(2)幕張新都心

  • スクリーンサイズ:横18.5m×縦10.0m(以下記事より)
  • Dolby-Atmos」採用
  • D-BOX(ディーボックス)導入シートあり

こちらも公式HPでの公表なし、以下記事でスクリーンサイズが明かされています。

近隣のTOHOシネマズららぽーと船橋のスクリーン4が同じくAtmos対応、横18.8m×縦10.1mなので表面上のスペック的には良い勝負となっています。

 

av.watch.impress.co.jp

 

 

(3)シアタス調布

  • スクリーンサイズは横約20m(以下記事より/縦は不明ですが8.5m~10.8mぐらい?)
  • 立体音響システム「dts-X」採用

 

av.watch.impress.co.jp

 

(4)春日部 

  • スクリーンサイズは非公表(横20m×8mぐらいとの情報も?)
  • Ⅾ-BOX(ディーボックス)導入シートあり
  • JBL社のスピーカー採用

 

(5)川口

  • スクリーンサイズは非公表
  • JBL社のラインアレイスピーカーを設置

※写真はグランシアターのものでULTIRAとは無関係です。

音響面では「ドルビーアトモス」「dts-X」などといった規格は採用されておりませんが、JBLによるラインアレイスピーカーが採用されているのがミソでしょうか。

「イオンシネマ川口」6月8日グランドオープン (aeoncinema.com)

 

 

(6)座間

  • スクリーンサイズは非公表
  • スピーカーに「Christie VIVE AUDIO(クリスティ ヴィヴ・オーディオ)」採用
  • 「Vsound」採用
  • 4Kプロジェクター採用(このスクリーンのみ)

 

(7)港北ニュータウン

  • スクリーンサイズは非公表(横20m超えとの情報あり?)
  • ハイグレード座席「ゴールドクラス」導入あり

 

 

(8)白山 

  • スクリーンサイズはいずれも非公表
  • 「ホライゾナル・ラインアレイ・サブ ウーハーシステム」採用【5番スクリーン】
  • Dolby-Atmos」採用【8番スクリーン】
  • 4Kプロジェクター採用(ULTIRAが採用されている2スクリーンのみ)

イオンシネマとしては初の1つの劇場に2つのULTIRAを採用。

5番スクリーンのサブウーファーが気になりますね。TOHOシネマズでいうところの「轟音シアター」のようなものでしょうかね?

「ホライゾナル・ラインアレイ・サブ ウーハーシステム」【5番スクリーン】

ハイパワーかつ高レスポンスな 15 インチドライバーを
6 台搭載したサブウーハーを、すきまなく水平方向に 7 台配置することで、低音の
塊が座席に向かって飛んでくるような体感を実現します。高さ約 2.5m の壁のよう
にそびえたつ巨大なサブウーハーから出力される迫力のサウンドが、これまでにな
い圧倒的な体験を生み出します。

引用元:「イオンシネマ白山」グランドオープン (aeoncinema.com)

 

 

(9)名古屋茶屋 

  • スクリーンサイズは横17.45m×縦8.5m
  • Dolby-Atmos」採用
  • D-BOX(ディーボックス)導入シートあり

ACとしては珍しい全てのスクリーンのサイズを公表している映画館です。

 

 

(10)津南

  • スクリーンサイズは非公表
  • スピーカーに「Christie VIVE AUDIO」採用
  • 4Kプロジェクター採用(このスクリーンのみ)

 

 

(11)和歌山 

  • スクリーンサイズは横19m×8m(上記ツイートより/公式HPは非公表)
  • Dolby-Atmos」採用
  • D-BOX(ディーボックス)導入シートあり

公式HPでは公表していないのに、公式Twitterでは大まかな数値とはいえガッツリスクリーンサイズを公表してます。胸を張って公表できるサイズなのに...。

 

(12)京都桂川

  • スクリーンサイズは横15.8m×縦8.54m
  • Dolby-Atmos」採用

こちらも数少ないスクリーンサイズ公表劇場。

 

(13)岡山

  • スクリーンサイズは横18.42m×縦9.71m
  • Dolby-Atmos」採用

 

(14)広島西風新都

  • スクリーンサイズは非公表
  • スピーカーに「Christie VIVE AUDIO(クリスティ ヴィヴ・オーディオ)」採用
  • 4Kプロジェクター採用(このスクリーンのみ)

 

 

 

(15)徳島

  • スクリーンサイズは非公表
  • 「dts-X」採用
  • 「Vsound」導入シートあり

 

 

 

各設備の特設サイトはこちら...

※採用劇場は「ULTIRA」が導入されているスクリーンのみの情報です。

 

立体音響システム「Dolby-Atmos(ドルビーアトモス)」採用劇場

DOLBY ATMOS(ドルビーアトモス)|イオンシネマ (aeoncinema.com)

 

 

立体音響システム「dts-X」採用劇場

  • シアタス調布
  • 徳島

立体音響テクノロジーGDC featuring dts-XTM」 
「dts-X」は空間を縦横無尽に動き回るような、これまで体感したことのない
臨場感を実現する立体音響テクノロジーです。実際の音響を忠実に再現し、
前、後、上、横など、サウンドオブジェクトを正確に動かすことによって音像
のつながりをより正確に伝え、これまで以上に豊かなサウンドスケープを創
出します。観客を包み込むような新次元サウンドの世界へ引き込み、迫真
の音響体験をお試しください。

引用元:<<次世代型シネマコンプレックスが調布市に誕生!>>「イオンシネマ シアタス調布」9月29日(金)グランドオープン (aeoncinema.com)

 

 

新音響システム「Vsound」導入シートがある劇場

  • 座間
  • 徳島

詳細はこちら...イオンシネマ徳島 1番スクリーン|イオンシネマ (aeoncinema.com)

 

 

「Ⅾ-BOX」導入シートがある劇場

D-BOX(ディー・ボックス)|イオンシネマ (aeoncinema.com)

 

 

「Christie VIVE AUDIO(クリスティ ヴィヴ・オーディオ)」採用劇場

CHRISTIE vive AUDIO|イオンシネマ (aeoncinema.com)

 

 

4Kプロジェクター採用劇場

 

 

 

さいごに

イオンシネマ「ULTIRA」の面白いところは一概にULTIRAといっても個性が全く違うところでしょう。

スクリーンサイズに関しては情報が分かり次第更新していく予定です。