映画好きの気まぐれ日記

気分で書いてるので、連日更新もあれば全く更新しない時期がありますのでご承知おきを。

大手シネコン各社が手掛ける「独自規格スクリーン」がアツい!【第一弾:イオンシネマ(ULTIRA)】

映画館において独自規格のスクリーンとして「IMAX」「ドルビーシネマ」「4DX/MX4D」「ScreenX」などといった所謂特殊上映システムが挙げられます。

その一方で大手シネコン各社が手掛ける「独自規格スクリーン」というのも続々登場しています。IMAXのようにライセンス料等々を払ったりするわけでなく独自で設けている規格なのでブランドさえ定着すれば十分集客につなげられるということもあってか各社新規オープン館を中心に採用しています。

今回はそんなシネコンチェーンによる独自規格のパイオニアともいえるイオンシネマ「ULTIRA(ウルティラ)」についてまとめました。

 

 

1)ULTIRAとは?

https://www.aeoncinema.com/ultira/pc/images/ultira_flash_main_mql.jpg

画像引用:ULTIRA(ウルティラ)|イオンシネマ (aeoncinema.com)

 

イオンシネマ(以下、AC)が手掛ける独自規格スクリーン「ULTIRA(ウルティラ)」は割と一番有名な規格ではないでしょうか。ULTIRA第一号は大高(愛知)に採用されたのですがそんな大高には現存せず、現在はAC唯一のIMAXデジタルシアターとして改修されて営業中です。

とはいえイオンシネマIMAXはというとそんなULTIRA第一号の大高を改装してそれっきりで、他社の独自規格を採用するより自社で設けた独自規格スクリーン「ULTIRA」を全面的に押し出していきたいという狙いはあるのでしょう。

 

 

2)ULTIRAの定義は?

  • 上下左右いっぱいに広がる巨大スクリーン
  • 驚くほど明るく美しく鮮明な映像
  • 包み込むクリアサウンド

特設HPを参照する限りこんな感じでしょう。一般の人にとって重要になってくるのはやはり巨大スクリーンという点ではないでしょうか。

といってもイオンシネマは大概の劇場でスクリーンサイズを公表してないのが勿体ない。ULTIRAぐらい出してもいいのに...。

www.aeoncinema.com

 

 

3)ULTIRA採用劇場の各特徴

ULTIRAは3つの柱を基準とした「独自規格スクリーン」とはいえ一概に同じスペックとは言えない。各劇場で個性があるので簡単にまとめていきましょう。

 

(1)新利府

  • スクリーンサイズは非公表
  • Dolby-Atmos」採用
  • 4Kレーザープロジェクター採用
  • メインスピーカーにJBLカスタムスピーカー」を採用
  • 東北初の「スカルプテッドサラウンド」を導入(ULTIRA含む全スクリーン)

スカルプテッドサラウンド(JBL社によるプレミアムフォーマット)

サラウンドスピーカーを前⽅に向けて⾓度をつけた配置が特徴で、
これによりサラウンド音圧を均一化し、お客さまへより臨場感あふれる音場を提供します。

引用元:「イオンシネマ新利府」グランドオープン (aeoncinema.com)

 

(2)幕張新都心

  • スクリーンサイズ:横18.5m×縦10.0m(以下記事より)
  • Dolby-Atmos」採用
  • D-BOX(ディーボックス)導入シートあり

こちらも公式HPでの公表なし、以下記事でスクリーンサイズが明かされています。

近隣のTOHOシネマズららぽーと船橋のスクリーン4が同じくAtmos対応、横18.8m×縦10.1mなので表面上のスペック的には良い勝負となっています。

 

av.watch.impress.co.jp

 

 

(3)シアタス調布

  • スクリーンサイズは横約20m(以下記事より/縦は不明ですが8.5m~10.8mぐらい?)
  • 立体音響システム「dts-X」採用

 

av.watch.impress.co.jp

 

(4)春日部 

  • スクリーンサイズは非公表(横20m×8mぐらいとの情報も?)
  • Ⅾ-BOX(ディーボックス)導入シートあり
  • JBL社のスピーカー採用

 

(5)川口

  • スクリーンサイズは非公表
  • JBL社のラインアレイスピーカーを設置

※写真はグランシアターのものでULTIRAとは無関係です。

音響面では「ドルビーアトモス」「dts-X」などといった規格は採用されておりませんが、JBLによるラインアレイスピーカーが採用されているのがミソでしょうか。

「イオンシネマ川口」6月8日グランドオープン (aeoncinema.com)

 

 

(6)座間

  • スクリーンサイズは非公表
  • スピーカーに「Christie VIVE AUDIO(クリスティ ヴィヴ・オーディオ)」採用
  • 「Vsound」採用
  • 4Kプロジェクター採用(このスクリーンのみ)

 

(7)港北ニュータウン

  • スクリーンサイズは非公表(横20m超えとの情報あり?)
  • ハイグレード座席「ゴールドクラス」導入あり

 

 

(8)白山 

  • スクリーンサイズはいずれも非公表
  • 「ホライゾナル・ラインアレイ・サブ ウーハーシステム」採用【5番スクリーン】
  • Dolby-Atmos」採用【8番スクリーン】
  • 4Kプロジェクター採用(ULTIRAが採用されている2スクリーンのみ)

イオンシネマとしては初の1つの劇場に2つのULTIRAを採用。

5番スクリーンのサブウーファーが気になりますね。TOHOシネマズでいうところの「轟音シアター」のようなものでしょうかね?

「ホライゾナル・ラインアレイ・サブ ウーハーシステム」【5番スクリーン】

ハイパワーかつ高レスポンスな 15 インチドライバーを
6 台搭載したサブウーハーを、すきまなく水平方向に 7 台配置することで、低音の
塊が座席に向かって飛んでくるような体感を実現します。高さ約 2.5m の壁のよう
にそびえたつ巨大なサブウーハーから出力される迫力のサウンドが、これまでにな
い圧倒的な体験を生み出します。

引用元:「イオンシネマ白山」グランドオープン (aeoncinema.com)

 

 

(9)名古屋茶屋 

  • スクリーンサイズは横17.45m×縦8.5m
  • Dolby-Atmos」採用
  • D-BOX(ディーボックス)導入シートあり

ACとしては珍しい全てのスクリーンのサイズを公表している映画館です。

 

 

(10)津南

  • スクリーンサイズは非公表
  • スピーカーに「Christie VIVE AUDIO」採用
  • 4Kプロジェクター採用(このスクリーンのみ)

 

 

(11)和歌山 

  • スクリーンサイズは横19m×8m(上記ツイートより/公式HPは非公表)
  • Dolby-Atmos」採用
  • D-BOX(ディーボックス)導入シートあり

公式HPでは公表していないのに、公式Twitterでは大まかな数値とはいえガッツリスクリーンサイズを公表してます。胸を張って公表できるサイズなのに...。

 

(12)京都桂川

  • スクリーンサイズは横15.8m×縦8.54m
  • Dolby-Atmos」採用

こちらも数少ないスクリーンサイズ公表劇場。

 

(13)岡山

  • スクリーンサイズは横18.42m×縦9.71m
  • Dolby-Atmos」採用

 

(14)広島西風新都

  • スクリーンサイズは非公表
  • スピーカーに「Christie VIVE AUDIO(クリスティ ヴィヴ・オーディオ)」採用
  • 4Kプロジェクター採用(このスクリーンのみ)

 

 

 

(15)徳島

  • スクリーンサイズは非公表
  • 「dts-X」採用
  • 「Vsound」導入シートあり

 

 

 

各設備の特設サイトはこちら...

※採用劇場は「ULTIRA」が導入されているスクリーンのみの情報です。

 

立体音響システム「Dolby-Atmos(ドルビーアトモス)」採用劇場

DOLBY ATMOS(ドルビーアトモス)|イオンシネマ (aeoncinema.com)

 

 

立体音響システム「dts-X」採用劇場

  • シアタス調布
  • 徳島

立体音響テクノロジーGDC featuring dts-XTM」 
「dts-X」は空間を縦横無尽に動き回るような、これまで体感したことのない
臨場感を実現する立体音響テクノロジーです。実際の音響を忠実に再現し、
前、後、上、横など、サウンドオブジェクトを正確に動かすことによって音像
のつながりをより正確に伝え、これまで以上に豊かなサウンドスケープを創
出します。観客を包み込むような新次元サウンドの世界へ引き込み、迫真
の音響体験をお試しください。

引用元:<<次世代型シネマコンプレックスが調布市に誕生!>>「イオンシネマ シアタス調布」9月29日(金)グランドオープン (aeoncinema.com)

 

 

新音響システム「Vsound」導入シートがある劇場

  • 座間
  • 徳島

詳細はこちら...イオンシネマ徳島 1番スクリーン|イオンシネマ (aeoncinema.com)

 

 

「Ⅾ-BOX」導入シートがある劇場

D-BOX(ディー・ボックス)|イオンシネマ (aeoncinema.com)

 

 

「Christie VIVE AUDIO(クリスティ ヴィヴ・オーディオ)」採用劇場

CHRISTIE vive AUDIO|イオンシネマ (aeoncinema.com)

 

 

4Kプロジェクター採用劇場

 

 

 

さいごに

イオンシネマ「ULTIRA」の面白いところは一概にULTIRAといっても個性が全く違うところでしょう。

スクリーンサイズに関しては情報が分かり次第更新していく予定です。