映画好きの気まぐれ日記

気分で書いてるので、連日更新もあれば全く更新しない時期がありますのでご承知おきを。

意外と観客動員の多い郊外の映画館はどこ?(関東編)

今では日本国内最高興行成績を誇る「鬼滅の刃」で注目が集まるようになった興行収入。世界では国として映画の観客動員を集計して一般の人でも閲覧することが出来るところもあったりするようですが、日本国内では一般的に詳しい動員数はリアルタイムでは分からない。

そんななか独自でシネコンの予約数を集計して動員数を算出しているプログラマーさんのサイトがある。それが「興行収入を見守りたい!」というサイトである。鬼滅などの数字が気になって一度は閲覧したことがある人も大分増えたのではないだろうか?

(※ちなみにTwitter上で興行成績を予測していたりする某アカとかもあったりしますが多分このサイトを用いてツイートしているものと思われます。)

そんなプログラマーさんがおまけで2020年初めに2019年度の予約数から算出したシネコン別観客動員が出ていました。これを見ると意外と地元の映画館が結構動員の多いところであったり意外な発見も多かったです。

mimorin2014.blog.fc2.com

 

 

2019年度の予約数から算出されたシネコン別観客動員ランキング(概算)

www.mimorin.net

 

 

1)MOVIXさいたま

https://eiga.k-img.com/images/buzz/77550/d585c332cac4f8db.jpg?1552282514

 

都心部シネコンではない郊外に構えるシネコンとしては日本で最も観客動員の多いシネコンで繁盛している場所でもあります。松竹マルチプレックスシアターズ(SMT)系としては新宿ピカデリーに次いで2番目に観客動員が多いです。

 

大型ショッピングモール併設なのが大きいか

京浜東北線や宇都宮・高崎線沿線には「ユナイテッド・シネマ浦和(浦和)」「MOVIX川口(川口)」などシネコンが全くないというわけでもなく独壇場というわけでもないです。ただ観客動員の多い理由の1つとして考えられるのはさいたま新都心駅にあるということと大型商業施設コクーンシティ」内に併設しているということが大きいでしょうか。

スクリーン数が多くコアな作品を上映しているのも要因の1つか

MOVIXさいたまは12スクリーンを持つ比較的規模の大きいシネコンです。そのスクリーンの多さを活かしてコアなアニメ作品を上映しては結構動員しているイメージはあります。

また関東では3館しかない「ドルビーシネマ」を採用しているスクリーンもありますのでわざわざ遠方から足を運んでくる人も中にはいるでしょう。

www.smt-cinema.com

 

 

 

 

2)109シネマズ二子玉川

https://movie.jorudan.co.jp/theater/images/640/J1002000.jpg

都心部ではなくベッドタウンに構えるシネコンとしてはMOVIXさいたまに次いで多い、とても繁盛している映画館です。(※なお109シネマズはMOVIX系よりも予約を早く締め切るため、数値に反映されない駆け込み客が多ければMOVIXさいたまよりも実動員は多い可能性あり)

109シネマズ系列としては多分最も観客動員が多い。

 

沿線に全くシネコンがないのも観客動員が多い理由の1つ

二子玉川駅が通る東急田園都市線東急大井町線沿線には人口も多いわりに全くシネコンがないというわけでもないですが、それこそ「109シネマズグランベリーパーク(南町田グランベリーパーク)」シネコンがほぼない渋谷(TOHOシネマズ渋谷)しかないため、映画を観るとなったら否応なしにこの二子玉川に集まってしまうのも必然と言えるでしょう。

そもそも109シネマズは東急レクリエーション東急グループ)なのであるから、お膝元である渋谷に未だに出店していないのが甚だ疑問というところはありますが。

 

全体的に座席数が少ないのですぐキャパオーバーする

またこの映画館が混雑する理由の1つとして1スクリーンあたりの座席数が約165席と需要に対して座席数が少ない。

やはり渋谷(または沿線)にまともなシネコンがもう1つぐらい出来ないと109シネマズ二子玉川の慢性的なキャパーオーバーは解消されないかと思いますね。

109cinemas.net

 

 

3)TOHOシネマズ海老名

https://ebina-kankou.com/wp-content/uploads/2017/06/7d2aedb30203367b91ed0883ce232cfe-536x434.jpg

上記同様に郊外に構える映画館としてはかなり観客動員が多い映画館ですね。ちなみにこのすぐ横にある「イオンシネマ海老名(旧:ワーナー・マイカルシネマズ海老名)」は1993年開館で日本初のシネコンの1つ(諸説あり)ともいわれています。

 

こちらも小田急線沿線にシネコンがあまりないのが要因か

小田急線沿線で見れば近隣にあるのは結構先の「イオンシネマ新百合ヶ丘」ぐらいである。それを越えると新宿までまともなシネコンはない。さらに逆方向で見ればこの海老名を越えるとシネコンは小田原まで全くない。小田急線沿線の人が映画見て帰ろうかーとなったら海老名でという人もいるのではなかろうか。

加えて相鉄線沿線、JR相模線沿線も全くないので需要が集中する要因の1つでしょう。

hlo.tohotheater.jp

 

 

4)109シネマズ湘南

https://movie.jorudan.co.jp/theater/images/640/J1001962.jpg

上記3館は郊外でも割と繁盛してるなーというイメージがあったので想定内でしたが、109シネマズ湘南が観客動員上位に食い込んでくるとはちょっと予想外でしたね。

 

意外とカバー商圏が広い

109シネマズ湘南はJR辻堂駅前、大型商業施設「テラスモール湘南」内に併設するというのも大きいでしょうが、近隣にシネコンが少ないというのも大きいでしょう。お隣、茅ヶ崎駅周辺にある「イオンシネマ茅ヶ崎」もスクリーン数が少ないため作品によっては上映していないものもある。

さらに藤沢市はもちろん、茅ヶ崎市シネコンがない鎌倉市の動員なども十分に考えられるため意外とカバー範囲が広いのも観客動員が多い要因の1つとして考えられるでしょう。

109cinemas.net

 

 

5)TOHOシネマズららぽーと横浜

http://www.townnews.co.jp/0104/images/20110308050959_78240.jpg

TOHOシネマズららぽーと横浜は計13スクリーンと、TOHOシネマズ系列では「日比谷」と並んで最もスクリーン数が多い映画館でもあります。

hlo.tohotheater.jp

 

 

 

6)MOVIX亀有

https://kameari.ario.jp/app/13/img/tenant/1300000108/img_3dl90wwrcrms4.jpg

 

うちの自宅の最寄りのシネコンですねえ。ただ総武線沿線の民ですのでものすごく利用頻度が多いと言うわけではないですが結構お世話になってます。年間観客動員は何気に100万人以上とは意外でしたね。SMT系では新宿ピカデリー、MOVIXさいたまに次いで3番目に観客動員が多い。

 

こちらも商圏が広いのが要因か

この映画館が所在する葛飾区はもちろん、足立区の東部、三郷市南部、江戸川区北部など何気にカバー範囲が広いのも観客動員が比較的多い要因の1つとしてあげられるでしょう。またこの辺では比較的大きい商業施設「Ario亀有」内併設というのも大きいでしょう。また亀有駅から徒歩圏内でJR常磐線沿線にシネコンが全くないのも大きそうです。

※ちなみに自治体としては南隣の江戸川区には残念ながらシネコンが一切ない。(ミニシアターは船堀にありますが)

www.smt-cinema.com

 

7)TOHOシネマズららぽーと船橋

https://mitsui-shopping-park.com/lalaport/tokyo-bay/shopguide/__icsFiles/afieldfile/2016/07/05/TCX_20160705092126000187.jpg

日本最大級の大型商業施設ららぽーとTOKYO-BAY」内に併設する映画館で長期休み期間とかだと平日でも結構混雑しているイメージがありますね。

 

京葉線沿線は映画館が比較的多いけど...

京葉線沿線は「TOHOシネマズ日比谷(厳密には有楽町駅が最寄だが徒歩圏内)」「シネマイクスピアリ(舞浜)」「イオンシネマ幕張新都心海浜幕張)」などといい意外とシネコンが犇きあっていますが、都心部の日比谷はおいといてもぶっちぎりの観客動員を誇る。

一方の並走する総武線沿線のシネコンがあまりないというのがこの映画館の動員の多さにつながっていると考えられますね。総武線に関しては「TOHOシネマズ錦糸町」「TOHOシネマズ市川コルトンプラザ」ぐらいしかシネコンがないため、こちらに流れてきているというのも十分に考えられます。

※ちなみにTOHO錦糸町は上記サイト上ではオリナス館、楽天地館で分散していますが合算すると約134万人となりますので109シネマズ湘南レベルの観客動員を誇る繁盛館です。

総武線沿線は津田沼とか小岩・新小岩あたりに映画館あっても良いと思うんですけどね。

hlo.tohotheater.jp