映画好きの気まぐれ日記

気分で書いてるので、連日更新もあれば全く更新しない時期がありますのでご承知おきを。

ドラクエのサウンドトラックはどれだけあるの?とりあえずまとめてみた。

 

現在発売されているドラクエサウンドトラックを簡単にまとめました。

 

 

 

以下の見方

【】は楽団の略称

 

()はその楽団で初めてリリースされた発売年

→ただし数回にわたってレーベルが移籍されているため現在販売されているものはリリース年が異なるものが多いです。

 

 

 

ドラゴンクエスト(I)

※東京弦楽合奏団はNHK交響楽団の選抜メンバーで構成されたもの

組曲・・・に関しては元々IとIIは別々に販売されていたものを、2009年のレーベル移籍の際に組曲ドラゴンクエストI・IIとして再販売されている

都響のみ「ME集」収録

 

過去には「FC版ゲーム音源」「SFC版ゲーム音源」「シンセサイザー音源」で収録されているものありましたが現在は廃盤となっています。

 

 

組曲「ドラゴンクエストI・II」

組曲「ドラゴンクエストI・II」

 
交響組曲「ドラゴンクエストI」

交響組曲「ドラゴンクエストI」

 

 

 

 

 

 

ドラゴンクエストII 悪霊の神々

ドラゴンクエストII

 

都響のみ「聖なるほこら」が新録されている(その他は非収録)

過去には「FC版ゲーム音源」「SFC版ゲーム音源」が収録されているものもありましたが現在は廃盤となっています。

 

 

 

 

 

 

ドラゴンクエストIII そして伝説へ...

ドラゴンクエストIII そして伝説へ…

 

都響のみ「ローリング・ダイス」が新録されている(その他は非収録)

過去には「FC版ゲーム音源」「SFC版ゲーム音源」「GBC版ゲーム音源」を収録しているものもありましたが現在はいずれも廃盤となっています。

 

おまけ

実は「そして伝説へ...(ED曲)」「冒険の旅」には歌詞があるってご存じでしたか?

というのは大分昔の話ですがこの作品のファンだったという鴻上尚史さんという方がラジオのリスナーから歌詞を募集してその歌詞で鴻上さんが歌ったものがリリースされました。まあ今となっては黒歴史なのかもしれないですが・・・。

 

 

 

 

 

 

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

 

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

 

 

神奈川フィル版都響のみ「立ちはだかる難敵」「ピサロピサロは征く」の2曲を新録N響版、LPO版は非収録)

 

ドラクエ4のみ恒例の3つの楽団以外に「神奈川フィルハーモニー管弦楽団による演奏も収録されています。

過去には「FC版ゲーム音源」「イン・ブラス」「オン・エレクトーン」「PS版ゲーム音源」などといったバージョンもリリースされていましたがいずれも廃盤となってます。

 

 

 

 

 

 

 

ドラゴンクエストV 天空の花嫁

ドラゴンクエストV 天空の花嫁

 

LPO版都響「哀愁物語」を新録(N響版は非収録)

都響のみ「寂しい村~はめつの予感~さびれた村」を新録(その他非収録)

 

長らくドラクエ作品を”I”から手掛けていたN響はこの作品を最後に担当を終了(VI以降は手掛けていない)、VIからはしばらくLPOが引き継いで担当しています。

ちなみにこのN響による交響組曲版はリメイク(PS2版)のゲームBGMとして採用されており当時としては中々豪華な仕様でした。現在のリメイク版は都響音源でのBGM採用がマストなのでかなり珍しいケースといえるでしょう。(ドラクエ5のPS2版が2004年にリリースされたのに対して、都響ドラクエのオケ演奏に参入しだしたのが同年からであったという事情もあるでしょう)

過去にはゲーム音源(SFC版)「イン・ブラス」「オン・ピアノ」「オン・エレクトーン」などといったバージョンもありましたがいずれも現在は廃盤となってます。

 

おまけ

ドラクエ5にはDVDとしてリリースされた都響演奏による交響組曲版があります。(以下参照) 。映像化されているのはかなり珍しいかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラゴンクエストVI 幻の大地

ドラゴンクエストVI 幻の大地

 

VIとVIIに関してはVまでのN響に代わってLPOが主体となって演奏を担当しています。

ちなみに「オン・ピアノ」(ピアノ版)以外にも「オン・エレクトーン」「イン・ブラス」といったバージョンも過去にリリースされていますが現在は廃盤となっております。またドラクエ6発売当初にはLPO交響組曲版に加えてゲーム音源(SFC版)が収録されたCDもありましたがこちらに関しても現在は廃盤となっています。

 

ドラゴンクエストVI 幻の大地 オン・ピアノ

ドラゴンクエストVI 幻の大地 オン・ピアノ

  • アーティスト:倉田信雄
  • 発売日: 2009/10/07
  • メディア: CD
 

 

 

 

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち

 

都響のみ「トゥーラの舞~復活のいのり」を新録(その他は非収録)

全体的に都響N響と比較すると存在感が弱めないのが否めないLPO版ですが、ドラクエ7のLPO版交響組曲は名盤と名高いですね。

 

ニンテンドー3DS ドラゴンクエストVII オリジナルサウンドトラック

3DS版は都響音源がゲーム内でも実装されているためサントラも都響が演奏したものとなっています。オーケストラ音源に対応していない楽曲に関してもシンセサイザー音源で収録かつME集もあります。

 

 

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち オン・ピアノ

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち オン・ピアノ

  • アーティスト:河原忠之
  • 発売日: 2009/10/07
  • メディア: CD
 

 

 

 

 

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君

 

ドラクエ8以降の交響組曲ドラゴンクエスト」は、東京都交響楽団都響のみが担当しているため以下、【】表記は割愛してあります。

 

3DS版「ドラゴンクエストVIII空と海と大地と呪われし姫君」オリジナルサウンドトラック

3DS版・・・は交響組曲で演奏された楽曲(都響による再録)に加えて、オーケストラ演奏されていない楽曲(この想いをハープにのせて等)についてもシンセサイザー音源での収録、ME集もありますので結構お得なCDです。

 

 

 

 

ドラゴンクエストIX 星空の守り人

ドラゴンクエストIX 星空の守り人

 

オリジナルサウンドトラックはシンセサイザー音源、交響組曲都響によるオケ音源 

 

 

 

ドラゴンクエストX

ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ version 1-5【購入特典】ゲーム内アイテム「黄金の花びら×10個」 - Windows

  1. 交響組曲ドラゴンクエストX目覚めし五つの種族(2012年)
  2. WiiU版 ドラゴンクエストX オリジナルサウンドトラック(2013年)
  3. ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オリジナルサウンドトラック(2014年)
  4. ドラゴンクエストX いにしえの竜の伝承 オリジナルサウンドトラック(2016年)

※すべてのCDにおいて都響が演奏しているため各々の楽団の説明は割愛

 

1はドラクエXにおける”Ver.1”とされる目覚めし五つの種族で採用された楽曲を都響が演奏し、交響組曲として構成したものとなります。

2はWiiU版として採用された楽曲を中心に収録したものとなっており、交響組曲から増えた新曲も新たに新録されています。また過去作の楽曲の再録やME集もあり。

3はドラクエXにおける”Ver.2”とされる眠れる勇者と導きの盟友で採用された楽曲をシンセサイザー音源、採用された過去作の楽曲を都響の演奏で再録されたもので構成されています。

4は”Ver.3”とされる「いにしえの竜の伝承」で採用された楽曲を上記同様の構成されたものとなっています。

 

 

 

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

【通常版】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S - Switch

 

 ドラクエのサントラとしては初のハイレゾ音源対応化がなされています。

 

 

複数のナンバリング作品の楽曲が収録されたお得な名盤も

 

交響組曲・・・は都響による「I~IX」までの楽曲を場面別として再構成した10枚組のCD-BOXとなっています。普通に9作品のCDを買うよりも安いのでお買い得な名盤だと思います。

ロンドン・・・はLPOが今まで携わった7作品すべての楽曲をまとめた

 

 

 

 

N響」「LPO」「都響」3つの楽団の長所と短所

1)NHK交響楽団

  • 3楽団の中でもトップクラスの実力を誇る
  • その実力もありテンポの速い楽曲でももたつくことなく演奏をする
  • ドラクエ全盛期(1980年代後半~1990年前半)のオーケストラの元祖
  • N響によって演奏された作品が「I~V(5作品)」のみと少ない
  • 1980年後半~1990年前半に収録されたものから再録されていないものが多いため音質が悪いという指摘も
  • ネット上では母体同様に事務的な演奏で個性がないと揶揄されることも

N響の演奏はロトシリーズのリアタイ世代中心に今でもかなり根強い人気を誇っている印象ですね。特にこの時代の楽曲はN響一択だ!という人も結構多いのではないでしょうか。

特に「IV」「V」はN響版がかなり人気なように感じます。

 

 

2)ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

  • 管弦楽団というだけあって金管楽器や弦楽器のまとまりは3楽団の中ではおそらく一番(あくまで個人的な感想です)
  • 現時点では過半数のナンバリングをカバー(I~VIIまでLPO版が収録されている)
  • 演奏が雑な時がしばしばありバラつきが多いという指摘も
  • 二次使用不可能らしい(ゲームBGMへの流用NGとのこと)

LPOもN響都響と比較するとそこまでかもしれませんが根強い人気を誇ります。特にドラクエ7の交響組曲版はネット上では屈指の名盤ともいわれているようですね。ただし前述のとおり二次使用不可らしいので実際のゲームを楽しみながら聞くことは出来ないようですね。(ドラクエ73DS版はオケ音源が実装されましたが都響のもの)

 

 

3)東京都交響楽団

  • N響やLPOでは演奏されていない楽曲も都響のみ演奏しているものも多い
  • 全ナンバリング(I~XI)の楽曲を演奏している
  • 打楽器や金管楽器の取り扱いに関してはかなり評判名高い
  • ME集(レベルアップ音など)も唯一都響版のみ収録している
  • 2004年から録音しているため3楽団の中では音質は比較的良い
  • 比較的バランス型でN響とLPOの間をとった中立タイプとも考えられる
  • スタジオ収録のN響やLPOと異なり、都響はコンサートホール収録である
  • 弦楽器が全く聞こえない場合も時折ありバランスが悪いという指摘も

他二つが初収録されてから約30年以上経過しているのに対して、初収録が2004年とドラクエに携わってまだ20年も経たない楽団ではありますがその一方で現時点では唯一全ナンバリング(I~XI)作品の楽曲を演奏しており、現在のドラクエBGMのオーケストラの主流といえる交響楽団です。

そんなこともあってかN響やLPOでは収録されなかった楽曲が都響のみで演奏していたりというケースも多いのでよっぽどの拘りがなければとりあえず都響版を買うというのも無難な手ではあると思います。