総武線・横須賀線についに新型車両が今年度登場!どのように変わる?

ここ20年近く新型車両が入っていない首都圏の大動脈、総武線。そんな総武快速線横須賀線に新型車両E235系1000番台」が今年度中にデビュー予定となっています。

現在は知っている車両とどのように変わってくるのかを紹介していきたいと思います。

 

 

 

1.山手線と同じ顔の最新型通勤車両として導入される

https://d2w45mmf8kgysx.cloudfront.net/wp-content/uploads/2018/09/05083339/ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421-743x415.jpg

今回、投入される「走る”Apple Watch”」ことE235系とは現在のJR東日本における最新設備を施した通勤車両です。山手線で現在走っている車両がこのE235系です。

 

E217系”は最長のもので勤続26年のベテラン

https://tk.ismcdn.jp/mwimgs/0/7/1140/img_071fb5c9ea5d44e0ddb9dbe3b3b44ac2242532.jpg

現在の総武快速線横須賀線を走っているE217系が登場したのが1994年のこと。国鉄時代の113系を置き換える形でデビューしたため軽く四半世紀は経過しているのですね。そして最も新しい車両でも1999年ですので人間だったらもうとっくに成人ですねw

そんなE217系は通常の車両が20~30年使用しないと減価償却できないところ、この車両に関しては京浜東北線などでも使用された209系同様に13年で減価償却が出来るという車両ですので実はもうとっくに引退していてもおかしくない車両ではあるんです。

ましてやこの路線系統は最高時速120キロ、南(西?)は三浦半島の方まで、北(東?)は成田空港はじめ、君津、上総一ノ宮まで走っている足の長い車両ですから山手線とかと比較しても車両にとってもかなり負担が大きいわけです。

そんなローコストで作られた車両ではありますが現在は2010年前後に機器更新をして延命措置をとっているような形でしたのでまぁガタは大分来ているようにも見えます。(素人目)

 

 

 

2.現行車両”E217系”VS新型車両”E235系”で比較

(1)案内表示・広告

現行のE217系では運行情報は「1段式のLED」、広告は従来の「紙媒体」となっています。これが新型のE235系になると運行情報は「21インチの液晶ディスプレイ」、広告は21インチのディスプレイや紙媒体の広告はもちろん、現在の山手線のように座席上に設けられたデジタルサイネージの広告も導入されます。

利用客が群を抜いて多い山手線だけの仕様かと思っていたので近郊路線にもこの近未来型のデジタルサイネージが採用されるとは予想外でした。

車両が綺麗になるのはもちろん、目に入る情報量がかなり多くなるのでかなり新鮮な光景となりそうです。

https://travel.watch.impress.co.jp/img/trw/docs/732/894/03.jpg

 

 

(2)車内エクステリアで比較

現行のE217系では従来の蛍光灯のままですが、E235系では現在の主流であるLED照明」が採用されますので車内はかなり明るく感じるかと思います。

また現行のE217系では和式トイレが一部ありますが、全て洋式トイレとなります。このほか各車両に防犯カメラやフリースペースの導入もされます。

 

そして鉄ヲタを一番ざわつかせたのが一般車両のセミクロスシートの撤廃です。分からない方も多いかと思うので説明すると9~11号車に設けられた新幹線のように対面式に設置された下記の写真のような座席です。これが新型車両ではオールロングシートとなり廃止となるので鉄ヲタ界隈で賛否が巻き起こっているのです。

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0518/8644456171/wrc_yokosukaline02.jpg

 

ただこのセミクロスシートを廃止する明確な理由があります。それは横須賀線武蔵小杉駅開業によるもはや捌ききれない混雑率の高さです。総武線側も新小岩錦糸町間はかなり混雑しますので同じくいえることですが、このクロスシートを設けることで通常のロングシートにするよりも面積を取るので若干乗れる人数が減ってしまうためです。若干ならと思うかもしれませんがこのわずかな違いも結構影響出て来ますからねぇ。

そして何よりこの座席、この車両のロングシートは他の路線の車両と比較しても若干堅めであるのにセミクロスシートは更に硬い。個人的には長時間乗るにはあまり向いてない座席だと思います。普段から乗ってる人であればひじ掛けなどがあって快適な半面、硬さが気になる人もいるのではなかろうか。

あと大前提にこの車両にはグリーン車が設けられているのでクロスシートを利用したいならグリーン車を利用してくだはれ」という促進の意味も込められているのでしょう。

 

(3)グリーン車はより快適な座席に

グリーン車には新たに「コンセント」「無線LAN」が提供されます。

 

 

営業運転開始は20年冬~21年以降?

一応公式プレスリリースでは20年度中に営業運転開始とのこと。ただ現在車両のお披露目さえされていなければ、ここから試運転なども行わないといけないため半年ぐらいはかかるものかと思われますので気長に待ちましょう。

 

関連リンク

https://www.jreast.co.jp/press/2018/20180902.pdf

tetsudo-ch.com