2019年、新元号初の夏休み映画ラインナップがヤバすぎる!各作品の生き残りをかけた潰し合いになりそうな予感・・・。

先ほど放送していた「newszero」でドラクエ3DCGアニメ映画化という衝撃的な情報が公表された。ましてや2月の発表で8月に公開というのだからずいぶんと急な発表。

そんなわけでドラクエもこの夏のラインナップとなるわけですが今年は近年稀に見る大作揃いのラインナップとなっている。各配給会社のしのぎを削ったバトルとなりそうです。

 

 

1.東宝の夏休み公開作品

www.toho.co.jp

  1. ミュウツーの逆襲 EVORUTION【7月12日公開】
  2. 天気の子【7月19日公開】
  3. アルキメデスの大戦【7月26日公開】
  4. ドラゴンクエスト ユア・ストーリー【8月2日公開】
  5. 劇場版 おっさんずラブ(仮題)【夏公開予定(詳細日未定)】

正直東宝のラインナップだけでも既に豪華と言える。

1.「ミュウツーの逆襲 EVORUTION」

トップバッターは劇場版ポケットモンスターの元祖ともいえる「ミュウツーの逆襲(1998年)」を3DCGアニメとしてリメイク?したと思われる作品。なお詳細は一切明かされていないためリメイクなのかも不明なところ。

2.「天気の子」

2番手は日本国内歴代2位の興行収入250億円を記録した2016年の大ヒット作品君の名は。を手掛けた新海誠監督による最新劇場版アニメ作品。こちらも当然本命ともいえる作品。

3.「アルキメデスの大戦」

3番手は「永遠の0」「ALLWAYS 三丁目の夕日」等の監督として知られる山崎貴監督菅田将暉主演でメガホンを取った三田紀房氏による同名漫画の実写化作品。得意とするVFXやCGを駆使した東宝の邦画大作となるはずです。

4.「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」

4番手は突如映画化が発表された大人気ゲームドラゴンクエストの3DCGアニメ映画。前週にアルキメデスの大戦でメガホンを取る山崎貴氏が総監督として手掛ける。東宝配給で同監督が2週連続でメガホンをとるという事例は初の試みでしょうか。

※全国東宝系での公開というソースがあるので恐らく東宝配給となるものかと思います。(断定していない理由として少々規模が小さい東宝映像事業部として配給される可能性もあるため)詳細が分かり次第追記しようと思います。

どうやら「Ⅴ(天空の花嫁)」のストーリーを基に製作されるそうで、今から”ビアンカ””フローラ””デボラ”の誰が嫁になるストーリーで制作されるんだとかネット上で既に大盛り上がりですね。(ゲームの内容知らないと何の話だって感じでしょうけど・・・)

5.「劇場版 おっさんずラブ(仮題)」

昨年社会現象を引き起こしたドラマがまさかの映画化。映画もヒットするかは未知数ですがどのような興行になるのかは期待大。

テレ朝ドラマの映画化はあまり成功しないので成功させたいところですね。

 

2.洋画も本気だ!続編中心に大作揃い。

  1. トイ・ストーリー4【7月12日公開】
  2. スパイダーマン ファー・フロム・ホーム【夏公開予定】
  3. ハウ・トゥ・トレイン・ユア・ドラゴン ザ・ヒドゥン・ワールド(原題)【夏公開予定】
  4. ペット2【夏公開予定】
  5. ホブス・アンド・ショウ(原題)【夏公開予定】
  6. メン・イン・ブラック インターナショナル【夏公開予定】

洋画ももちろん本気だ。

1.「トイ・ストーリー4」

ディズニー(ピクサーの大人気アニメトイ・ストーリーの第4作目作品。もちろん注目が集まる作品ではありますが前作で既に簡潔っぽい終わり方で今作は蛇足になってしまうのではという懸念も一部では出ているので払拭できるかも重要になってきそうですね。

2.「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」

トム・ホランドスパイダーマン第2作目スパイダーマンはアメコミ文化の薄い日本でも人気コンテンツの1つですので今回も興行的に期待が高まりますね。

3.「ハウ・トゥ・トレイン・ユア・ドラゴン ザ・ヒドゥン・ワールド(原題)」

日本ではヒックとドラゴンの名で知られているシリーズ最新作。

4.「ペット2」

ミニオンで知られる”イルミネーション・スタジオ”による製作アニメ「ペット」の続編。主要声優は前作から続投されているようです。

5.「ホブス・アンド・ショウ(原題)」

聞きなれないタイトルだなぁと思ったかもしれませんが日本ではワイルド・スピードの名で知られている人気シリーズ第9作目。引き続きロック様ことドゥエイン・ジョンソンジェイソン・ステイサムといったメンバーも続投。

6.「メン・イン・ブラック インターナショナル」

ウィル・スミスやトミーリー・ジョーンズでシリーズ化されている人気シリーズ。今作の主演は「マイティ・ソー」役でも知られるクリス・ヘムズワース

まぁ人によっては上記2人が出てないならもはや別物という認識もあるかとは思いますので興行的にどうなるかは未知数。

 

 

3.東宝以外の邦画だって負けてはいない!各配給会社の大作目白押し

3-1.ワーナー・ブラザース映画配給作品

  1. Diner ダイナー【7月5日公開】
  2. ダンスウィズミー【夏公開予定】
  3. 二ノ国【夏公開予定】

ワーナー・ブラザース映画は現在のところ夏休み中の洋画の公開はない模様。

1.「Diner ダイナー」

平山夢明氏の小説を藤原竜也主演、写真家で映画監督としても活動する蜷川実花がメガホンをとって実写映画化される。

2.「ダンスウィズミー」

ウォーターボーイズ”等で知られる矢口史靖監督が監督・脚本を務め三吉彩花主演でメガホンをとったオリジナルミュージカルコメディー作品。

3.「二ノ国

レイトン教授シリーズ””妖怪ウォッチ”等で知られるレベルファイブRPGシリーズ二ノ国を長編アニメ映画化。主人公のCVには山崎賢人を起用。

重大発表として公表していたぐらいですしワーナー的には大作という扱いになりそうか。

 

3-2.東映配給作品

  1. 劇場版 仮面ライダージオウ&新スーパー戦隊(仮題)【7月26日公開】
  2. ONE PIECE STAMPEDE【8月9日公開】
  3. GOZEN 純恋の剣【夏公開予定】

東映は数年に一度の「ワンピース」の劇場版が控える年ですね。

今年は原作者の尾田先生も結構かかわってるみたいでファン的にはより興味深い作品になるのでしょうかね。(すみません、良く知らない。)

 

3-3.松竹配給作品

  1. 劇場版 Free!【7月5日公開】
  2. 東京喰種 トーキョーグール2【7月19日公開】
  3. 引っ越し大名!【8月30日公開】

う~ん、松竹は正直夏休み作品としては埋もれそうですね。東京喰種も続編は製作したものの前作11億程度、東宝の新海監督最新作とぶつかるようだと中々目立たないような気もします。

 

公開日別にしてみるとスケジュール過密すぎ!

7月第1週

  • Diner ダイナー【ワーナー】
  • 劇場版 Free!【松竹/小規模】

7月第2週

7月第3週

  • 天気の子【東宝
  • 東京喰種 トーキョーグール2(仮題)【松竹】

7月第4週

8月第1週

8月第2週

夏公開予定

 

まだ半年前の話ですので直前に増える可能性ももちろん高いです。正式情報は出ていませんが確かディズニーは「ライオンキング」実写化映画もこの時期でしたかね。

元号初の夏休みラインナップも例年以上に目が離せない展開となりそうです。