映画製作の上手いテレビ局はどこ?~新たな視点から見る映画業界の分析~その2

映画製作をするテレビ局という視点から見ていく個人分析ですが、今回は前回ダラダラ書き過ぎで「テレビ朝日」「テレビ東京」まで至らなかったのでその2局を分析していこうと思います。

rozettax.hatenablog.com

 

 

4.テレビ朝日

www.tv-asahi.co.jp

ぶっちゃけ言ってテレ朝は前回挙げたTBS以上に映画製作には消極的なテレビ局ではあります。最近はたまに放送する映画が「君の名は。」「シン・ゴジラ」「ミッションインポッシブルシリーズ」「君の膵臓をたべたい」など目の付け所が中々良いなぁとは思いますが。

2018年度のテレビ朝日が手掛ける主な映画作品

  1. 探偵はBARにいる3【17年12月1日公開/東映/約8~9億円?】
  2. 仮面ライダー2017年冬(省略)【17年12月9日公開/東映/約12億円】
  3. リベンジgirl【17年12月23日公開/SPE/不明(1~2億円?)】
  4. 映画ドラえもん のび太の宝島【3月3日公開/東宝/約53億円】
  5. 映画プリキュア2018春(省略)【3月17日公開/東映/5~10億円?】
  6. 北の桜守【3月10日公開/東映/約12億円】
  7. honny【3月31日公開/東映ショウゲート/約2億円】
  8. 映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ拉麺大乱【4月13日公開/東宝/約18億円】
  9. 妻よ薔薇のように 家族はつらいよ3【5月25日公開/松竹/約9億円】
  10. 劇場版戦隊ヒーロー&仮面ライダー2018夏【8月4日公開/東映/約10億円】
  11. パパはわるものチャンピオン【9月21日公開/ショウゲート/約1~2億円?】
  12. 映画プリキュア2018秋【10月27日公開/東映/約11億円】
  13. 走れ!T校バスケット部【11月3日公開/東映/約2~3億円?】

※映画「戦隊ヒーロー」「仮面ライダー」「プリキュア」は正式表題省略

こちらも過去の携わった作品を公式でまとめていないので参考程度にお願いします。

 

テレ朝も一見映画部門に力を入れているように見えますが実際はニチアサ関連の作品ばかり。ところが近年は10億円以上の大台超えも目立つので右肩上がりとなっているのは強い。そしてドラえもん」「クレヨンしんちゃんの金7アニメコンビも安定。

さて一方で単体作品はとなるとやはり厳しい。非シリーズ作品となると何処のテレビ局よりもノウハウやら成績は劣ってしまう。

 

他局みたいに人気のドラマを映画化というわけにはいかないの?

フジテレビだと「コード・ブルー」「HERO」、TBSだと「新参者」シリーズといった人気ドラマシリーズの映画化というコンテンツも需要はあります。テレ朝も近年では「ドクターX」といったドル箱コンテンツもあって映画化もあるんじゃないのという噂もちらほら出てくる。ただ私は確実にドクターXの映画化はないだろうと断言できる。

テレ朝の人気ドラマ映画化はあまり成功例がない。

テレ朝の人気ドラマの映画化は過去にも例がありますがいずれも成功例が少ない。それこそドラマも高視聴率で映画化も成功したのは「相棒」シリーズぐらいでしょう。

過去には「臨場」「交渉人」等といった人気ドラマも映画化されたがどちらも映画としてはヒットしなかった。そんな後者のドラマはドクターXで主演を務める米倉涼子。正直ドラマで成功すればいいわけですし映画化で相応しくない成績を取って泥は塗りたくはないでしょう。そんなわけで映画化向きではないというのはもちろんドクターXを映画化には消極的なのではないかと言えよう。

と長々持論を述べてきましたが久々にテレ朝のドラマが映画化される。それが昨年流行語大賞にまでなってしまいとても話題となったおっさんずラブです。今夏公開で東宝で配給するというのだから結構自信はあるのでしょう。果たしてどちらに転ぶか?

 

2019年度は?

  1. 仮面ライダー2018冬【18年12月22日公開/東映
  2. サムライマラソン【2月22日公開/ギャガ】

※1月24日現在テレビ朝日公式サイトに公表されている情報です。(映画ドラえもん、劇場版おっさんずラブなどといった制作に従事が予想される作品は割愛してあります)

既に仮面ライダー興行収入14億を超える良い出だしとなっています。ニチアサ関連作品ばかりに依存するのではなく非シリーズ作品の成功もさせたいところですね。

 

5.テレビ東京

www.tv-tokyo.co.jp

流石に民放テレビ局とはいえ他4局と比べると少々規模が劣るので公開作品も少なめです。

2018年度の主なテレビ東京製作映画

  1. 映画妖怪ウォッチ2017【17年12月16日公開/東宝/約20億円】
  2. 羊の木【2月2日公開/アスミック・エース/約5億円?】
  3. 劇場版ポケットモンスター みんなの物語【7月13日公開/東宝/約30億円】
  4. BLEACH【7月20日公開/WB映画/約5億円?】
  5. 銀魂2 掟は破るためにこそある【8月17日公開/WB映画/約35~40億円】
  6. 日日是好日【10月13日公開/東京テアトル/約11億円】

 

銀魂」「ポケモン」が手堅く稼ぐ。

https://eiga.k-img.com/images/movie/88151/photo/691fa499eac3befb/320.jpg?1530837738

銀魂は前作から早くも翌年に続編公開となりましたがあまり落とすことなく興行成績を挙げました。普通はシリーズ続編となると7割程度まで落とすことがベターですので、前作よりも豪華キャストかつ製作費が上がっていそうですが9割程度に抑えられたのは良いことでしょう。キャストのスケジュールさえ合えば3の公開も近いうちにありそうですね。

 

https://eiga.k-img.com/images/movie/88299/photo/56ae9b0334d66f58/320.jpg?1519694515

ポケモンも今年は手堅く興行収入30億以上を挙げている。数年前までは20億前後まで落ち込んでいた時代もあったので大分勢いを取り戻してきた感じはあります。来年は第1作目の”ミュウツーの逆襲”のリメイク?作品となりますので更なる興収増収に期待がかかります。

 

日日是好日は異例の記録を更新。

https://eiga.k-img.com/images/movie/88063/photo/6e5caf73b9f68dc7/320.jpg?1532910270

日日是好日樹木希林さんの死去後すぐの公開作品ということもあったため不謹慎ながらも遺作として話題となりじわじわヒットしました。私も観て来ましたが茶道が題材の中々渋い作品の雰囲気ですが、意外と茶道を知らない人でも楽しめるほんわかとした作品でした。

配給も東京テアトルと大規模とは言えないですがそんな中でも異例の10億超えを記録しました。この数字は東京テアトル配給の実写映画としては記録を更新した模様。

 

BLEACH」は今年最大級のコケ?製作費も10億以上との噂?

https://eiga.k-img.com/images/movie/85498/photo/e4951fcda3b43a8d/320.jpg?1528849499

そんな堅調なテレ東も派手にやらかしてしまった作品がある。それが人気漫画BLEACHの実写映画化作品です。まぁテレ東というよりも配給かつ制作も行ったワーナーのダメージが一番大きそうですけどね。

どうやら製作費も相当掛かっているようで10億円以上との噂もちらほら。に対して興行収入は5億円程度とのことですから黒字やペイどころか完全に赤字くさいっぽいです。銀魂がいくら堅調に当たったとはいえこれはどうなんでしょう。

まぁ観てきたら意外と悪くなかったって印象ですが、この手の作品は”とても良かった”でないと実写化という負の印象は拭えませんからね。

 

民放テレビ5局の映画部門を勝手に分析すると・・・

1.フジテレビ

  • 興行収入 :★★★★★
  • 安定度  :★★☆☆☆
  • オリジナル:★★★★★

全てのテレビ局の中でもトータルの興行成績の高さはダントツ。

また近年は数年に一度の「ドラゴンボール」「ワンピース」の劇場版アニメという安定の強さを誇る作品があるのは頼もしい。

また「万引き家族」や現在公開中の「マスカレード・ホテル」といった非シリーズ作品もしっかり成績を挙げられるのも強い。

 

2.日本テレビ

  • 興行収入 :★★★★☆
  • 安定度  :★★★★☆
  • オリジナル:★★★☆☆

日テレもバランス良く強めです。ただし最近は出資のみの作品が多いのが配当的に如何に。

近年は「コナン」がドル箱コンテンツとなっているので安定度も高め。

 

 

3.TBSテレビ

  • 興行収入 :★☆☆☆☆
  • 安定度  :★☆☆☆☆
  • オリジナル:★★★★☆

TBSはジョジョの一件があってか割と低予算で挙げられる作品が多めか。

まぁ言えるのはTBSはマジで漫画実写化作品の企画はやめた方が良いと思います。まぁジョジョニセコイみたいな如何にも地雷案件も観て個人的には好きだったんで利益抜きで話すならアリだとは思うんですけどね。

小説や実話の映画化が強くとても安定している印象はありますが、他局のような非シリーズ作品を持っていないのは辛みか。

 

4.テレビ朝日

  • 興行収入 :★★★☆☆
  • 安定度  :★★★★★
  • オリジナル:★☆☆☆☆

ドラえもん」が安定して40~50億を挙げるので年間興行収入は安定しています。またニチアサ関連作品やクレヨンしんちゃんといった定番作品もあって安定していて何処のテレビ局よりも安定度は最強です。

一方で定番作品以外の弱さはダントツで上記作品に依存しきっているのは事実です。上記のような定番作品に縁のない人にとって見ればテレ朝製作の映画に出会うことは滅多にないかも。

 

5.テレビ東京

  • 興行収入 :★★☆☆☆
  • 安定度  :★★★☆☆
  • オリジナル:★★☆☆☆

ポケモン」や近年では「妖怪ウォッチ」といった定番アニメもあるので安定はしています。但し後者に関しては右肩下がりも否めないので安定とは言い難いか。

割と小規模公開作品も多いので興行収入を挙げるというよりも質重視の作品があるのもしばしばですかね。