「相鉄・JR直通線」「相鉄・東急直通線」JR東日本・東急電鉄に旨味はあるのか?

将来的に相鉄沿線は大きく変化する。

というのも「相鉄・JR直通線」が2019年下半期、「相鉄・東急直通線」が2022年下半期に開業を控えているからです。

www.sotetsu.co.jp

 

 

この2つの路線の開業で何が変わるのか?

現在、相鉄沿線に言えることは基本的に他の路線へ乗り換える際に基本的に横浜駅乗り換えがほぼ必要となってくること。良くも悪くも日本を代表する巨大ターミナル駅ですので乗換にも時間を要する。東京都心方面へ出るには他の大手私鉄と違って相互直通もありませんし結構面倒なのですね。

相鉄にとっては莫大な建設費がかかる一方で大きなメリットも。

沿線の開発も行ったりするのも大手私鉄グループならではのビジネスの1つ。今回の東京都心アクセス向上路線の開業によって分譲や賃貸の物件などといった住居の契約等でも大きなウリの1つとなるわけです。もちろん建設費も安いわけではありませんがグループ全体でこういった旨味もあるのです。

 

「相鉄・JR直通線」の概要

整備概要(経路)

海老名・湘南台方面⇔西谷⇔羽沢横浜国大(新駅)⇔武蔵小杉⇔新宿方面

整備路線は相鉄本線西谷駅から新たに分岐して新設される羽沢横浜国大駅へ通じる路線となる。羽沢横浜国大駅より先はJR東日本湘南ライナー」の一部などに利用されているJR東海道貨物線を介して武蔵小杉を経て新宿駅まで直通する予定となっている。

運行頻度

  • ラッシュ時:4本/h
  • その他時間帯:2~3本/h

 

「相鉄・東急直通線」の概要

整備概要(経路)

海老名・湘南台方面⇔西谷⇔羽沢横浜国大⇔新横浜⇔新綱島⇔日吉⇔目黒・渋谷方面

こちらも「相鉄・JR直通線」同様、西谷駅から羽沢横浜国大駅を経て新横浜・日吉方面を経由する路線で最終的には目黒・渋谷を介して都営三田線東京メトロ副都心線方面へ直通する予定である。

運行頻度

  • ラッシュ時:10~14本/h
  • その他時間帯:4~6本/h

 

「相鉄・JR直通線」によるJR東日本の旨味は。

JR東日本が受ける恩恵というと東海道貨物線”の活用ぐらいであるか。現在は前述の通り「湘南ライナー」の一部に横浜を経由しないルートとして定期運行されているのみ。

ただラッシュ時でさえも運行頻度は”4本/h”としていることからJR東日本としては相鉄ほどは期待していないというのが事実と言えるでしょうか。

ただし期待していないというより物理的に運行本数を増やせないというのも確かでしょう。というのも新宿~大崎間は既に湘南新宿ライン埼京線西大井~武蔵小杉間は湘南新宿ライン横須賀線が既に高頻度で運行している。その合間を縫って相鉄直通線が乗り入れるというダイヤになることが見込まれるためとてもではないが1時間に4本運行するのが限度ともいえるでしょうか。

 

「相鉄・東急直通線」による東急電鉄の旨味は。

東急電鉄はこの路線の開業による恩恵は意外と大きいかと思われる。

というのもこの直通線が新横浜を経由して相鉄線へ通ずるためである。現在は東急線の渋谷方面から新横浜へ行く際には菊名JR横浜線に乗り換える必要があった。東急としてもたかだか1駅分とはいえ新横浜まで自社路線だけで行けることになる。

更にJR東日本とは異なり、現在東急目黒線の日吉止まりの電車を延伸させる形になると見込まれるためダイヤの組み込み方もそこまで苦労しないというのも大きいでしょう。これに合わせて目黒線の直通先・都営三田線の8両編成化(現在は6両編成)、相鉄も合わせて8両編成の車両を新造する計画をしているため最終的に西高島平駅までの直通運転もほぼ確実となって来るのではないでしょうか。

なお渋谷への直通も案内されていますがこちらはダイヤの都合上中々厳しいのではないかと思います。東京メトロ副都心線より先への直通は未定ということから渋谷方面はへはそこまで乗り入れはしないものかと思います。

 

さいごに

私も新宿駅を利用する者ですが埼京線ホームに相鉄の車両を見る日がやってくるのかもしれませんね。開業は約1年後を予定している、乞うご期待。