「ボヘミアン・ラプソディ」を4回鑑賞したうえで思ったこと。

私自身はハマった映画は映画館・スクリーンを変えて比較して観たくなるのがまぁ映画好きの病というか好きなんですが、今回はボヘミアン・ラプソディ(以下ボヘラプ表記)を既に4回鑑賞して来たので報告だけしていきます。

これからそのスクリーンで観ようかなと思っている人の参考になれば幸いです。

 

 

 

1回目:TOHOシネマズ新宿「スクリーン9・Dolby-Atmos字幕版」

1回目は11月8日に行きつけのTOHOシネマズ新宿で観て来ました。(写真は公開直前までTOHOシネマズ新宿に展示されていた特設ディスプレイ)

実はこの映画「ボヘミアン・ラプソディ」は正式な日本国内公開日は2018年11月9日(金)なのですが、IMAX””ドルビーアトモス”版上映限定で前夜祭という形で前日の8日の夕方から全国で公開されていました。そしてたまたま座席が後方の方に空いていたので駆け込みで参戦という形に。

 

感想

まぁクイーン世代でもなければ指で数えるほどの曲しか知らないような素人ともいえる者ですが、控えめに言ってただただ「最高」でした。

上半期に盛り上がっていて同スタジオが製作するということで”ボヘミアン・ラプソディ”の売り文句となっていた作品「グレイテスト・ショーマン」はぶっちゃけ言って話がクソつまらな過ぎて音楽が良いにしてもリピートしようと思わなかった。一方のボヘラプはストーリーは凡庸とは確かに言えるかもしれないが、クイーンを素人はもちろん、ファンもそれなりに楽しめる内容なのではないかと思う。

そして観た人から必ず話題が出る「最後のライブシーン(ライブエイド)」は今年何十本も観てきた私ですが、間違いなく今年映画館で観るべきシーンNo.1でしょう。まるでその場にいたような臨場感とも言えますが、テレビ鑑賞ではまず味わえない。

 

何よりも観客が作品に満足していた証拠としてゲストが来るなどといったイベント上映ではない(まぁ一応前夜祭というイベントではある)にも関わらず、作品が終わった後の会場からは自然と拍手が巻き起こっていたのですね。こんな光景に出会ったのはいつ以来か。

 

TOHOシネマズ新宿・スクリーン9の評価

  • 音響:★★★★
  • 音量:★★★
  • スクリーン:★★★★
  • 環境:★★

音響はドルビーアトモス上映なので本当にサラウンド感はスゴイです。音量は後々比較してみるとそこまで大きくはないかも(十分デカいですが)。まるで本当にライブ会場に自身もいたかのような臨場感と迫力が得られます。

スクリーンサイズも全長19.2×8.0mもあるスクリーンなので十分大きいです。

ただし映画好きの中では結構知られているようですがこのスクリーンは近隣に「IMAX」「MX4D」等といった振動を発するスクリーンが接するため、まるで地震が起きているのか?と勘違いするほど揺れるのです。単に後方の座席が好きってのはあるんですが個人的なおすすめはQ以降の通路側ですね。あまり揺れない気がします。

ちなみに12月2日現在はファンタビを上映していますのであまり関係はありませんが、復活した際の参考になればと思います。

 

 

2回目:MOVIX亀有「シアター10・通常字幕」

2回目はその二日後10日にファンというほどでもないけど興味持ってた父を連れ、地元のMOVIX亀有へ。余談ではありますが亀有さんは未だに大ヒット本命作品・ファンタビを差し置いて一番大きいシアター10を使って上映しているようですね。中々すごい英断と言えるかもしれないですね。支配人さんの好みもあるんでしょうかね。

 

MOVIX亀有・シアター10の評価

  • 音響:★★★
  • 音量:★★★★
  • スクリーン:★★★
  • 環境:★★★★

音響はサラウンド感などを加味すればまぁ流石にドルビーアトモスには敵わないかな。でも追加料金がかからず子の音響で楽しめると思えば素晴らしい環境だと思います。音量はTOHOシネマズ新宿よりもかなり出していてそこでカバーは十分にできていたように感じます。

スクリーンサイズは17m~と新宿よりは気持ち小さくなりますが十分大きいクラスのサイズなので満足です。

環境としては新宿のような他のスクリーンに影響されるような振動とかも無く楽しめるので最高です。

ちなみに12月6日(木)までは一番大きいシアター10でやっているようなので大きいスクリーンのうちに観とくのもアリかもしれません。

 

 

3回目:TOHOシネマズ新宿「スクリーン10・IMAX字幕版」

3回目は15日に再びTOHOシネマズ新宿のIMAXで鑑賞。

スクリーンサイズ非公表のため詳しいことは言えませんが、4回観た中ではやはり一番大きいスクリーンですかね。

 

TOHOシネマズ新宿・スクリーン10の評価

  • 音響:★★★
  • 音量:★★★★
  • スクリーン:★★★★★
  • 環境:★★★★

IMAXの音響はドルビーアトモスとはまた違い、重低音が良く効いてるのでこれはこれでアリです。ただ個人的なことを言えばアトモスのサラウンド感あふれるサウンドの方が好みではあります。この辺は好みなのであまり参考にはなりませんが。

新宿IMAXは意外と音量控えめなのでもうちょっと音量上げてもいいんじゃない?とは思います。

ただしスクリーンの大きさや環境としては最高でしょう。ただいつもここで観る時思うのですが空調が弱いのですね。夏はもちろん割と冬場でも観ていると暑くなってくるという。

 

 

4回目:TOHOシネマズ六本木ヒルズ「スクリーン7・Dolby-Atmos」

ファンタビに「IMAX」「Dolby-Atmos」が完全移行するという情報も出ていたので前日の22日に見納めがてらドルビーアトモス版で再び。ただ同じスクリーンで観るのも面白くないのでTOHOシネマズ六本木ヒルズまで足を運びました。

 

感想

こちらの上映回でも久々に作品終了後に自然と拍手が起こっていました。

またなんといっても明らかに最初に観たときよりも学生をはじめとする若い世代の動員が増加していること。全盛期を知らないどころかフレディ・マーキュリーが存命していない時代に生まれた世代がこうやって観に来ているのを見ると感慨深いですね。

 

TOHOシネマズ六本木ヒルズ・スクリーン7の評価

  • 音響:★★★★★
  • 音量:★★★★★
  • スクリーン:★★★★
  • 環境:★★★

個人的には音響・音量面で言えば一番ベストかなと思います。サラウンド感が凄いかつ音量もかなり大きめで◎。

スクリーンも全長20.2×8.4mとかなり大きいので満足。

ただしこちらも「MX4D」のスクリーンで隣接するためところどころ地震が起きているかのような振動が生じます。ただ新宿9番ほどの揺れではないのでそこまで気になりはしませんね。

 

総評

個人的に4つのスクリーンを比較してみて、

  1. TOHOシネマズ六本木ヒルズ【スクリーン7・Dolby-Atmos】
  2. TOHOシネマズ新宿【スクリーン9・Dolby-Atmos】
  3. TOHOシネマズ新宿【スクリーン10・IMAX
  4. MOVIX亀有【スクリーン10】

ってなところでしょうかね。

個人的にはIMAX<ATMOSだったため全体的に上2館は優位でしたかね。

IMAXも悪くはないのですが+500円(アトモスは+200円)ってことを考えるとアトモスの方が好きかなって感じです。

亀有はこの中では一番下ではありますが「追加料金なし」ということを考えるととてもコスパが良く素晴らしい箱だと思います。

 

まだまだお台場の「ScreenX」、川崎の「IMAX4Kレーザー」など試して観たいものもありますがとりあえずここまで。まだまだ「ボヘミアン・ラプソディ」の比較鑑賞は止まらなさそうです。