フジテレビは「映画」で再起を懸ける?!テレビ朝日は秀逸なセンスを誇るテレビ放送。

テレビ事業としてはもはやテレビ東京にもシェアを取られつつあるフジテレビ。

そんなフジも最近は製作するドラマも評判は上がっており徐々に勢いは戻しつつありますが実はそんなドラマ部門より好調になりつつあるのが映画部門です。

 

 

 

万引き家族→コード・ブルーと絶好調!今年の邦画実写1・2となるか?

そんなフジテレビは映画事業で思わぬ好調を見せており、昨月に公開された万引き家族是枝裕和監督)はカンヌ国際映画祭でのパルムドール(最高賞)受賞という話題もあり、現在40億を超える大ヒットとなった。

そして金曜27日より公開となった人気ドラマの映画化「劇場版 コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」も初日3日間で既に10億超えが濃厚で、最終興行収入は少なくとも50億超えが確実視されるロケットスタートとなった。シリーズ最高は80億を超えている目指せ「海猿」ってところでしょうかね?

どちらも成績が低迷しつつある邦画実写としてはとても明るいニュースと言えますね

劇場版コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命― (扶桑社文庫)

また9月7日(金)にはフジテレビ製作映画で人気漫画の実写化作品「累ーかさねー」が控えます。まぁ土屋太鳳&芳根京子主演かつ万人向きではなさそうなのでヒットは難しいかもしれませんが、予告を観た感じ作品としては結構期待してますよ。

累(1) (イブニングコミックス)

 

そもそもフジテレビは何故ヒット映画が多いの?

まぁ1990~2000年代の踊る大捜査線をはじめ海猿」「ガリレオシリーズなどフジテレビ制作ドラマが絶好調でそんな作品の映画化ということもありヒット作品もかなり多いです。

またこのほかの理由として、実はフジテレビ製作映画のほとんどが実は東宝配給ということも大きな理由の1つであります。国内最大手・東宝配給であるということは大規模に公開できるかつ待遇も良いなどといったヒットにはとても良い環境と言える配給なわけです。

そもそも東宝とフジテレビの関係は結構親密で、ホリエモンこと堀江貴文氏によるニッポン放送買収騒動のあった頃より東宝はフジテレビの親会社「フジ・メディア・ホールディングス」筆頭株主にある。そんなこともあってフジテレビが製作する映画は本命であろうとなかろうと大抵が東宝配給であるというわけです。

 

フジテレビはテレビ放送もなかなか良いセンスをしている。

個人的には日本テレビの「金曜ロードSHOW!」には毎年恒例のジブリ祭りやディズニー祭りといい正直最近は飽き飽きしていますが、フジテレビのチョイスはなかなかいいセンスを光らせていると思います。

今後2作はいわゆる公開される「新たに公開される映画の宣伝」ともいえるシリーズの放送ですが、少し前までは特に宣伝もなく「トランスフォーマー」2作を流していたりと中々斬新なラインナップも多いです。今後の放送ラインナップにも期待です。

 

テレビ朝日のテレビ放送は中々攻めている?目玉作品の地上波初放送が多いワケ。

「これは日本テレビ金ローで地上波初放送でやりそうだなー」といった作品も結構多いですが、最近は目玉作品をテレ朝でやることが実は多い。

最近ですと「君の名は。」「シン・ゴジラ」の地上波初放送も記憶に新しい。どちらも正直金曜ロードSHOW!でやりそうな作品だなと思っていただけに私も驚きました。

※青太字は地上波初放送作品

ミッション:インポッシブル/ ローグネイション (字幕版)

君の膵臓をたべたい

 

最近は元・日曜洋画劇場の枠で現在は特番枠としてドラマやバラエティなども放送されている「日曜プライム」という枠で映画も不定期で放送を行っていますが、映画放送が少なくなった分中々目玉作品ともいえる地上波初放送も行い濃いラインナップとなっています。

またテレ朝はCMの入れ方が金ローなんかと違い割と上手いので地上波放送でもあまりストレスなく観ることが出来るのもかなり個人的には好感が持てます。テレ朝さんには今後もおっ!と驚くような作品を放送してほしいものですね。

 

ってなわけでひたすら日テレ「金曜ロードSHOW!」をひたすらディスる形となってしまいましたが。

まぁ必死のフォローというわけではないですが金ローさんも良い作品は放送してくれるんですけどね。CMの入れ方とカットしまくりなのはちょっといただけないなーとは思います。

そして映画枠を一切確保していないため映画の放送が年間通しても殆どないTBSさんは少しは自社製作の映画ぐらいは流してほしいなーとは思いますけどね。最近だと「忍びの国」「チアダン(映画版)」とか結構良かったんでね・・・。