2018年公開の「マンガ実写化」映画を斬る(その2)

「マンガ実写化映画」マニアでもあるが原作はほとんど知らない私が勝手に斬っていきます。今回は競技かるたという名前と人気を広めた超メジャー漫画の映画化ちはやふるー結びー」を紹介していきます。

 

日本テレビが製作幹事として従事

ちはやふる-上の句-

ちはやふる-下の句-

小説 映画 ちはやふる 結び (KCデラックス)

 

今回の「結び」篇は2016年に広瀬すず主演で実写化された、映画ちはやふる「上の句」「下の句」のストーリーから2年後を描いた完結編となる作品でした。私も前作は観たことなかったんですが日本テレビ×金曜ロードSHOW!の策略にハマり、地上波放送を観たところ面白かったんで完結編を観ることを決意。

 

キャスト

原作ファンでなくてもまずこのキャストに思うこと、

「千早が広瀬すずはないやろ?!」

というかどちらかというと広瀬は菫ちゃん(映画では優希美青)だと思うんですよね。とはいえ他のキャストはおおむね合っていてよかったのではないかと思います。また千早とは別人と考えれば広瀬も十分に演技はありますし大して気にならないかと思います。(それが良いのかはちょっとわからないですが・・・)

 

脚本・音響

そんなキャストの賛否両論がある一方で意外と評判が世間的にも悪くはない理由、それが「脚本」が意外と結構いいと思います。脚本は監督も務める小泉氏が全て手掛けていますが「下の句」を除けば、とても良い脚本と言えるのではないかと私は思いました。

また滅多に映画を観ない人は気づかなかったかもしれませんが意外と音響や映像面でも結構頑張っている作品だったかと思います。百人一首の対決の迫力あるシーンやアニメーションシーンなどといった箇所にはあまり期待していなかった故に驚かされました。

主題歌・音楽

主題歌は前作に引き続きPerfumeが担当。とはいえ「上の句」「下の句」の主題歌であった”FLASH”の出来も良かったということもあり今回の主題歌はイマイチ?といった声も多かったようです。

音楽担当は「ファミリーヒストリーNHK総合系)」のメインテーマ曲など多くの作品を担当する横山克氏。「ラ・ラ・ランド」のような気に入ると作品のサントラまで買ってしまう私ですが、「買いかけた」まで行った個人的にはとても作品にのめり込める音楽ばかりだったかと思います。

 

結論

「マンガ実写化は出来は良くないし、するべきじゃない!」

・・・と多くの原作ファンの方は当然思いたいはず。まぁキャストとキャラが合ってないのでは?といった賛否もあるでしょうが出来としては割と良い部類の作品なのではないかと私は思います。

 

次回は。

坂道のアポロン DVD通常版

順番間違えましたが次回は「坂道のアポロン」(2018年3月10日)について紹介していきたいと思います。(すっかりあったことすら忘れていた・・・)